コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

なんでだろう

自分でもよくわからない。

けど今日は確実に力が入らんし、テンション高く日記が書けません。

そんなに暗くないんだけど、言葉にしちゃったらいきっと暗く聞こえちゃうから、どこに書こうっていっつも迷うのです。

「じゃあ書かなきゃいいじゃん」って突っ込みも入りますが、やっぱ残しておきたいし、ほかの人の意見も聞きたいって思いもあって。
結局いつも、なんだかんだ言いながらほかの記事に紛れるように書いてしまうのです。


今日、あたしは私用があって四ツ谷にある「日本盲人職能開発センター」なる施設にお邪魔してきました。

四ツ谷の駅から建物までの道はすべて点字ブロックが整備されているし。
建物のなかもどの部屋にも迷わず行けるようブロックが設置されていたり、ひとつひとつに点字が施されていたり。
設備の充実っぷりにも驚いたけど(古いとこやき最新の設備とかぢゃない)、一番驚いたのは実は別のこと。
それは、建物のなかにいる人たちがみんな白杖を手にしていること

となりを歩くBigの白杖は見慣れたけど(むしろ何で使わんのってキレるけど)
あたし以外の人がみんな白杖を手に移動している姿は不思議な光景でした。

応接室に通され、眼科医の先生同席のもと彼らとお話をしていて。

なぜか、涙があふれてきて止まりませんでした。
なんでなのか自分でもようわからんのです。


はたからみたら、話をしている内容にショックを受けて泣いているように見えたのかもしれません。

でも、それは違うんです。

ただ、目の前に座っている、話をしている、真剣にBigの将来を考えてくれているお二方の目が、何の光もとらえていないのだというその「事実」に涙が止まらなかったんだとその時思いました。


あたしの目の前にいるこの二人の男性は、光のない世界で生きている。
となりに座っているBigにとっても、その世界はそう遠くない場所に位置している。

元々大学時代から何となく興味のあった「障害」というキーワード。
あたしのなかで何かしら感じるものがあるんだと思います。

今は忙しさにかまけてそういったことからまったく離れてしまっているけれど。
あたしが支援の対象としたい人たちはどういう人たちであったのか。
もう一度、振り返ってみるいい機会をもらった気がしています。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

私は光は見えていると感じてます。
私は、目に見える以外の大切なことを見ていると感じています。

それこそが一番大切なものかもって感じます。

あたしは中途で失明した人に「真っ暗闇じゃない。灰色の世界だよ」って言われたのが一番びっくりしました。「闇は光を知っているからわかるんだ」とも。
今度、一緒に先輩方のお話を聞きにいこうと思ってます。
コンテントヘッダー

メッセージはこちらへどうぞ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

悠貴

Author:悠貴
神奈川で看護学んでます。

↓詳しいプロフィールはこちらへ!


そう、流行りモノ、新しいモノ大好き娘でございます。。。

アクセスThanksです☆

無料ホームページ ブログ(blog)

ランキング
↓ワンクリックPlease☆

学生ブログランキング 人気ブログランキング FC2ブログランキング

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
コメントどうもですっ!
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロガーさんなお友達☆
そざい屋さん

YAMA☆そざい屋本舗
↑主にBBSで使わせてもらってます☆

M Por Probar
↑カウンター使わせていただきました☆

2005.7.16~2005.11.25
↓旧ブログ。
たまにお勉強ノートつけてます。

旧ブログ

ブログ内検索
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。