コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

2015沖縄旅行⑤やんばる学びの森part1

2日目のお宿and学び場は、やんばる学びの森。

【やんばる学びの森】

やんばる学びの森は、ガイドウォークやカヌー体験みたいなプログラムも提供しつつ、宿泊施設やオートキャンプ場ももってる青少年センターみたいな施設。

海士町に入ってるみたいな、地域をプロデュースするお仕事。の人たちとの絡みもあるみたいで、独自性がしっかりあってなんだかおもしろい◎

◆食堂のごはん
研修センターのよくある無個性のごはんじゃなくて、ちゃんと沖縄アピールした美味しい食事!
夕食は、ラフテーやテビチ、ゴーヤチャンプルーにミミガー、パインと、この旅初めて沖縄っぽい!ご飯を堪能させてもらいました(*´▽`*)

◆ナイトウォーク
研修センターみたいな位置づけだからか、プログラムの料金が何と言っても安い!
ナイトウォーク、2時間の森の中のガイドウォーク、早朝のバードウォッチングと盛りだくさんメニューにしたのに一人7000円強だなんて破格だよー!

ナイトウォークは、那覇市内に住む子どもたちと一緒に◎
こんな旅に連れてきてもらったら、子どもは嬉しいよな~~

イボイモリやヒメハブ、カエル、でかいゲジゲジ、ヤンバルマイマイと次々に動物を見つけていくお兄さんすげー!
子どもたちに紛れて、すっかりはしゃいでしまった。例によって、爆睡。。。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

09北海道⑫オーナーの佐藤さん

◎カヌー体験
◎摩周湖観光
◎摩周そば
◎アイヌ民俗資料館
と、摩周地方の観光を一日で味わい尽くした帰り道。

資料館からお宿までの30分ほどの道のりを歩いていて、とっても穏やかな気持ちになれました。

たくさんの自然、あったかい人たちに囲まれて、ゆっくりと過ごす時間。
本当の幸せって、こういうことなのかもしれない。って、すごく思った。

電車は数時間に一本だし、バスもほとんど通ってないし、車がないと生活できないような場所だけど。
町に一軒のコンビニは大手チェーンじゃないし、車で15分とかかかってどこがコンビニエンスだよって感じだけど。
娯楽施設とか何もなくて、休みの日何して過ごせばいいんだよって感じだけど。
むしろこんなところで誰相手に仕事すればいいんだよって話だけど。

それでもやっぱりいい。って思った。

P7160314.jpg

♯7 てぃんくるのオーナー佐藤さん
散策を終えて宿に帰りついた時。
オーナーさんの顔を見て、「ただいま。」って言葉が自然に出た。

オーナーさんも、「おかえり。お腹空いたでしょ。もうすぐごはん出来るから少し休んできたら?」と、あったかい言葉で返してくれる。

2日間しかお世話になってないけど。
一緒に過ごした時間は朝夕の食事の時間くらいで、ほとんど一緒にいなかったけど。
あたしはここを「北海道の“家”」と呼びたいと思いました。

P7150294.jpg

いつものあったかい食堂で、オーナーさんと一日あったことを話しながら食べるあったかご飯。
(お部屋ごとにテーブルがわかれていて、それぞれ手作りのボードが飾られています)


思えばこの2日間を素敵に演出してくれたのは、やっぱりてぃんくるのオーナーさんでした。


素敵なお庭、あったかいご飯、くつろげるお部屋で私たちを出迎えてくれ。

旬の食材や珍しいトキシラズ(=時知らず、早戻りの鮭)をわざわざ仕入れてくれ。

仲の良いカヌーガイドさんを私たちに紹介してくれ。送迎までしてくださり。

最終日の朝は「久しぶりに作ったからおいしいかどうか・・・」照れながらも手作りのスコーンを出してくれ。

愛犬のグランディーちゃん(残念ながらこの一月に亡くなったらしい)のことやご家族のことを嬉しそうに話してくれ。


本当に本当にあったかい、おかあさんみたいな人。

続きを読む

コンテントヘッダー

09北海道旅行⑪アイヌの人たち

そばを食べ終わったところで、また勝利くんにお迎えにきてもらって(貸し切ってないのに時間貸切状態やね)、次の目的地。屈斜路湖畔のコタン、アイヌの人たちの民俗を展示した資料館を目指すことに。

その前に夜の企みのために、急遽「セイコーマート」という名のコンビニに寄ってもらったり、さっきもらったイチゴを「これ食べてっ!」渡してみたり、本当好き勝手やらせていただきました

到着した「アイヌ民俗資料館」は、このへんの文化施設を一挙に手がけた有名な建築家・毛綱毅曠さんの設計。
(釧路湿原展望台とも一緒)

神殿みたいな不思議なつくり。
なかにはアイヌの人たちの衣・食・住+祭りの展示がされていて、小さいながらなかなかに興味深い。
アイヌの伝統楽器で奏でられる音楽をバックに、淡々と説明させる鹿狩りの解説は一回聞いてみると良い。
鹿の鳴き声が痛々しいけど、ご飯を食べるって大変なことなんだなあっていうのをちょっと実感できます。

中央には熊の剥製と、クマと戦う包丁もったアイヌの男の人の模型があって、大体熊さんの身長はうちのBigさんと同じくらいでした。

施設の奥にはビデオルームがあって、アイヌの文化を紹介してくれるDVDがあります。


その冒頭、挨拶してくれたんはなんと・・・俳優の宇梶剛士さん

宇梶さんは、アイヌ民族の血をひいてるそうなんです。
ビデオの中で「僕はアイヌ民族です」と語る宇梶さんの顔はとても嬉しそうで、アイヌの人であることを誇りに思っているようで。
「イランカラプテ(こんにちは)」「ヌイ ウヌカラ アンロ(また会いましょう)」とアイヌ語を話すその笑顔がとても印象的でした。

宇梶さんのHP気になってのぞいてみたんだけど、何だか面白そうな人なんだね。
会ってみたい人がまた一人増えました。

続きを読む

コンテントヘッダー

なんでだろう

自分でもよくわからない。

けど今日は確実に力が入らんし、テンション高く日記が書けません。

そんなに暗くないんだけど、言葉にしちゃったらいきっと暗く聞こえちゃうから、どこに書こうっていっつも迷うのです。

「じゃあ書かなきゃいいじゃん」って突っ込みも入りますが、やっぱ残しておきたいし、ほかの人の意見も聞きたいって思いもあって。
結局いつも、なんだかんだ言いながらほかの記事に紛れるように書いてしまうのです。


今日、あたしは私用があって四ツ谷にある「日本盲人職能開発センター」なる施設にお邪魔してきました。

四ツ谷の駅から建物までの道はすべて点字ブロックが整備されているし。
建物のなかもどの部屋にも迷わず行けるようブロックが設置されていたり、ひとつひとつに点字が施されていたり。
設備の充実っぷりにも驚いたけど(古いとこやき最新の設備とかぢゃない)、一番驚いたのは実は別のこと。

続きを読む

コンテントヘッダー

2009.5.8YOKOHAMA観光☆ ③~たねまるさん~

結局うちらが今回まわれたんは、はじまりの森っていう会場だけだったんだけど、正味1時間のなかでカナリ濃く楽しく遊んだ感があります◎

この記事ではほかに回れたパビリオンのなかでも印象に残ったものをちょろっとずつご紹介☆

続きを読む

コンテントヘッダー

メッセージはこちらへどうぞ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

悠貴

Author:悠貴
神奈川で看護学んでます。

↓詳しいプロフィールはこちらへ!


そう、流行りモノ、新しいモノ大好き娘でございます。。。

アクセスThanksです☆

無料ホームページ ブログ(blog)

ランキング
↓ワンクリックPlease☆

学生ブログランキング 人気ブログランキング FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
コメントどうもですっ!
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロガーさんなお友達☆
そざい屋さん

YAMA☆そざい屋本舗
↑主にBBSで使わせてもらってます☆

M Por Probar
↑カウンター使わせていただきました☆

2005.7.16~2005.11.25
↓旧ブログ。
たまにお勉強ノートつけてます。

旧ブログ

ブログ内検索
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。