コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

人間的な生活を取り戻した。

どうも。
本当に本当におひさしぶり。
〝夜空に輝く「たぬきりん座」。〟っていうブログ書いてます悠貴と申します。
看護学生やってます。

・・・そんな自己紹介がしたくなる。
気がつけばブログ更新できんくなってすでに3週間が経っていました。

自分には関係ないと思っていた、むしろ自分のもとには訪れないとまで思っていたクリスマスまでもが終わりを告げてしまいました。

完全に世間から、季節から、時間から取り残されている。
そんな浦島太郎的な気分を味わっている今の自分。



うん、看護学生ってやっぱり人間じゃないんだなぁ。


そんなことを改めて感じたこの2週間でした。
この2週間私が取り組んできたのは、仲間内のなかでも「ヤバイ!」と前々から噂になっていた地獄の急性期看護実習。

私のもとに届いていた前評判としては、
〝睡眠時間一日15分〟
〝道でふらついてバスに轢かれそうになった〟
〝駅で線路を眺めながら死んだほうが楽かもって本気で思った〟
です。

いく前からこんなこと聞かされてたら、そりゃあ気持ちも病みますよね。

普段まったく勉強しない、自分に甘いダメ子ちゃんとして有名なこの私が、この実習が始まる前の二日間だけは、めっちゃ事前学習頑張ってしまいました。
受験期ですら一日3時間勉強すれば良い方だった私が、部屋にこもってご飯も食べずに10時間以上勉強する。

そりゃ周りも心配します。

なんだかこの実習は、自分の周りにいる人たちのあたたかさに改めて気付かされる実習でした。
そして同時に今まで当たり前だと思ってきた生活、つまり寝られる、食べられる、友達と話せる、そんな生活が本当はとっても幸せなことなんだっていう、今まで知らなかったことにも改めて気付くことができました。



続きはそんな2週間の病み病み日記だょ。
看護学生ってこんな生活してます。
ここにきて初めて「看護学生って大変なんでしょ」って言葉の意味がわかりました。

続きを読む

スポンサーサイト
コンテントヘッダー

この一週間の出来事?

どうも。
悠貴@母性看護実習中です
この一週間受け持たせていただいていたママと赤ちゃんが昨日退院されました

何気退院のその日まで受け持ったのって初めてで。
やっぱ母性看護は基本健康な人が対象やき本人もお見舞いの人も明るいんだなぁって思った。
おめでとうモード過ぎてとなりのベッドの患者さん本当ごめんなさいって感じだったし

この一週間乳房マッサージをひたすらシュミレートしながら電車とか乗ってた私。
絶対手つきとかおかしかったと思うw
しかも乗ってるの女性専用車だから余計怪しいっていうww


続きは後ほど♪



医療福祉系学生サークル『全人的医療を考える会』
関東ワークショップ参加者募集ちう☆
詳しくはBBSをご覧くださいませ!!

続きを読む

コンテントヘッダー

慢性期外来実習。

今日は慢性期の実習の2日目、「外来実習」でした
一人の患者さんにつかせていただいて、一緒に診察受けたり、検査室に行ったり、待ち時間にお話したりっていう実習。
患者さんと接するのは午前中だけだし、指導看護師ににらまれながら(私がそう感じてるだけ)実習目標を発表するようなこともないので、と~っても楽な実習なのです


ただ。
今日行った病院は、去年の夏一週間の基礎看護実習(旧ブログの記事参照)で行ったところで、担当看護師さんにコテンパンに打ちのめされた記憶が今でも体に染み付いちゃってて。
廊下で人とすれちがう度「○○さんっ!?」一人でビクついちゃったりなんかで。

絶対最初の数十分、白衣性高血圧ならぬ特定病院性高血圧に陥ってたと思う

ビビり過ぎて最初集合より20分も早く着いちゃったからね。
きっと毎日みんなより一時間早く来て記録と目標カリカリ書いてたことのトラウマだよとか思ってさ。

そんなこんなですごいテンパりながら向かった看護部・外来の看護師さんはすごい優しい笑顔で迎えてくれて。
「この病院にもこんな看護師さんいるんだぁっ!」一人で感動してたw



今日の患者さんはねー。またまたすごい良い人だったの。
60代の男性でご家族と一緒にいらしてたんだけど、話の端々でちらっと出るなまりがなんか懐かしくて。
「生まれも神奈川なんですか?」聞いたら「うんにゃ、青森だ」返ってきて。
「うちの母親も青森だからすごいなまり聞いて親近感わいちゃいましたぁ下北半島ってわかります?」言ったらなんとその人も同じところの生まれらしくて。
しばらく地元トークで盛り上がっちゃいましたw
ちゃんと実習に役立つ話しろって感じですよね

その患者さん、ミルクキャラメルが好きでね。
待合室で待ってる最中「あんたも食べろや」すすめられて。
普通に「いただきまーす」しようと思ったけどそういや実習中だ!思い返して断って。

なんだか、とってもフレンドリーな患者さんだったのです。

全部検査とか終わって会計済ましてお帰りになる時も、「一緒にお茶するってぇ訳にゃいかんのかい?」聞いてくださって。
もちろんお断りしたけど、本当は一緒に行ってご家族とも本人とももっともっとお話したかったなぁと思います

実習で受け持たせていただく患者さんって本当良い人ばかりで。
うちらの実習受け入れてくれるって時点できっと良い人なんだろうけどさ。
毎回毎回すごい患者さん好きになっちゃうんだよねー。
今日の患者さんは時間的にはすごい短い関わりだったんだけど、地元が一緒だったり、お家が大学の近くだったりですごい親近感わいちゃって。
診察待ってる時の姿とかなーんかめっちゃかわいくて。
大好きになってしまいました。

いつもは患者さんの病名とか聞いても、看護計画とかたてない限り病態まで深く調べたりしないんけど、これから患者さんがどんな生活送るんだろ?って気になっちゃって気になっちゃって、既に図書館で関係する本借りてきてお勉強モード入ってます

まぁそれより先にブログ書き始めてる時点でどうかとは思うんだけどね

やっぱ「習うより慣れろ」だよねー。
実際に患者さん見るとこの人なんでこんな腕してるんだろ?とかすごい肌黒くなっちゃってるけどどうしてなんだろ?とか疑問湧くし。
こうやって興味もって調べるからこそ頭に残るんであって、授業で聞いたこと全部頭から抜けててもしょうがないのかなー自分に言い聞かせてみたりw

私にやる気与えてくれた今日の患者さんには本当感謝です!
なんか久しぶりに看護学生らしいブログじゃない?笑



でも私この人の前の患者さん一人断って他のメンバーに任せちゃったのですよ。
終わってからすごい後悔したんだけど。

その人は結構若くて50代くらい、浅黒くて背もおっきくてスポーツ新聞読んでて。
先生が「うちの実習生が・・・」説明してる間も新聞持ったままだったから、お話しにいってもあんまコミュニケーションとってくれないかなぁって思って。
基本的に私は男性患者さんが苦手で、中でも大声で話しそうな強面の患者さんだとビビりまくってしまう人なので。
経験豊富なお兄ちゃんにその患者さんはお任せしてしまったのです
ありがとう兄ちゃん。

でもね。
やっぱり気になって、その患者さんと兄ちゃんの会話横でずっと見てたんだけど。
ちゃんと新聞しまって、すごい楽しそうにお話してくれてたんだよね。
その光景見て、めっちゃ申し訳ないなぁー思って。

〝人は見かけで判断しちゃいけない〟ってよく言うけどさぁ。
やっぱ見た目、見ちゃうよね。
基本どの患者さんにあたってもしっかり対応!できるようになりたいんだけどさ。

もっと大学外の人ともいっぱい交流して、こういう苦手意識なくしていかなきゃだなーって思いました・・・
コンテントヘッダー

メッセージはこちらへどうぞ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

悠貴

Author:悠貴
神奈川で看護学んでます。

↓詳しいプロフィールはこちらへ!


そう、流行りモノ、新しいモノ大好き娘でございます。。。

アクセスThanksです☆

無料ホームページ ブログ(blog)

ランキング
↓ワンクリックPlease☆

学生ブログランキング 人気ブログランキング FC2ブログランキング

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最近の記事
コメントどうもですっ!
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロガーさんなお友達☆
そざい屋さん

YAMA☆そざい屋本舗
↑主にBBSで使わせてもらってます☆

M Por Probar
↑カウンター使わせていただきました☆

2005.7.16~2005.11.25
↓旧ブログ。
たまにお勉強ノートつけてます。

旧ブログ

ブログ内検索
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。