コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

性について本気出して考えてみた。

昨日は大学のお友達と、永田町で学会のセミナーに参加してきました。

場所は都市センターの3階コスモスホール。
想像していたよりもでっかくってきれいな会場でビックリしました。

今日行ったセミナーは、日本産婦人科医会の主催で行われた性教育指導の全国セミナー。
今年のテーマは『性教育-理想と現実』でした。


PA0_0004.jpg



プログラムは以下の通りです。
◆特別講演
・「現代の若者-生・性・こころをめぐって」
・「性の学力をつける-思春期・青年期と生きる力」

◆ランチョンセミナー
・「HPV感染と子宮頸がん-子宮頸がんへのHPV DNA検査の導入」
・「低用量ピル使用ガイドラインの改訂について」

◆シンポジウム「都立高校における性教育の組織的とりくみ」
・東京都医師会としての役割
・モデル高校での性教育の実践から
・保健学習における性教育のあり方
・養護教諭として取り組む性教育
・学校における性教育の適正な実施
・親が期待する高校での性教育
・指定発言


前日イベントバイトで家ついたのが12時近くで、さらにお風呂はいった後呑気にブログの更新なんてしちゃったもんだから、睡眠時間4時間とかで。
いつもの大学での授業よりつまりにつまってるわけだから、絶対寝ちゃう!ど~しよ~(><;)
なんて思って臨んだこのセミナー。

いやいやいや。
大学の授業どころじゃありませんよ。
先生方の話も上手いし、周りのオトナ達はおもしろいし、とっても充実した一日でした!!


“続き”でレビューします。

続きを読む

スポンサーサイト
コンテントヘッダー

保健指導「メガネと視力低下」

今日はこの一週間ずっと頭を悩まされ続けていた、保健指導(学校保健Ⅱ)の授業発表の日でした。
みなさんは、小学校や中学校、高校で、保健室の先生から保健体育の授業を受けたり、朝の会などでちょっとしたアドバイスを受けたことはありますか?

私くらいの年齢で、公立の小中学校を出た人は「保健の先生ってそんなことしてくれたっけ?」って疑問に思うんじゃないでしょうか。

私達が学校に通っていたころの保健指導(歯や目を大事に、夏休みの過ごし方など)は「ほけんだより」によって行われることがほとんどだったんじゃないでしょうか。


でも、保健室の先生(養護教諭)には、〝教室で子ども達に勉強を教えてもいいよ〟と許可してくれる法律があるのです。


「教育職員免許法」の98年の改正によって、次のような項目が新たに定められました。

養護教諭の免許状を有し、3年以上の勤務経験があるもので、現に養護教諭として勤務しているものは、当分の間、その勤務する学校において保健の教科の領域にかかる事項の教授を担任する教諭又は講師となることができることとすること。

つまりは、養護教諭は保健指導(生活上の注意点)だけでなく、保健学習(保健体育の≪教科≫)も担当できるようになったんです。


この制度には、「授業をやっている間保健室が空になってしまう」とか、「児を評価しない(ありのままの子どもを受け入れる)はずの養護教諭が成績等の評価を行うことは子どもにとってどうか」っていう問題もゴロゴロ転がっている制度ではあるんですが、それでも新しく始まっていて、小学校などでは実際に多く行われていたりもします。
(高校まであがっちゃうとなかなかそういった指導に時間が割けないのが現状です)


私達養護教諭専攻の学生は、この保健学習の練習として、子ども達の生活に即した授業をするためとして、4年次の学校実習で保健指導をやらせてもらうことになります。

今日行った授業はその保健指導の更なる練習。
15分で何かひとつ伝えたいテーマについて授業をしてみよう!というものやったんですよ。

この後自分の授業内容書きまっす






◇◆医療系学生サークル“全人的医療を考える会”◆◇

第24回サマーワークショップ

引き続き参加者大募集ちう☆
興味のある方はコチラ(BBS内の記事)へ!!



続きを読む

コンテントヘッダー

放課後の情事

今日はお友達のはちけちゃんと、日常生活援助のひとつである清拭の練習をしました。

清拭とは、安静状態など様々な理由でお風呂に入ったり、シャワーを使ったりができない方に対して、温かいタオルを用いて体の汚れを取り、入浴に近い満足感・清涼感を与えるための援助です。

大学では、バケツにお湯(55℃くらい。手を入れられるギリギリの温度)をはり、そこにタオルをつけて体を拭く方法を教わるのですが、この方法を実践している病院を私はまだ見たことがありません。

なぜなら。
この方法、おっそろしく時間がかかるから

【お湯で拭く→石鹸で拭く→石鹸分を拭き取る為に2回お湯で拭く】なんて、全身を4回ずつくまなく拭いてたら、軽く1時間以上かかってしまうのです。

一人の患者に対して看護師がそんなに時間をかけれないってこともあるし、長時間肌を露出することになれば患者側の負担も大きくなる、っていう理由で、今病院では熱い蒸しタオルによる清拭が一般的に行われています。

この場合、清拭は10分とかかりません。
あら素晴らしい
じゃあ重~いバケツに腰悪くしながらお湯はったりなんてしないで、みんなそっちの方法でやればいいじゃん

・・・と思うのですが。
何日も体洗ってなくて、すっごい痒くてどうしようもないときに、「やっと体が洗える」ってなって、〝石鹸も何もつけず、ただタオルで拭いて終わり〟で満足できますか?

もちろん〝患者になるべく負担をかけないようなケア〟も大事だと思います。
でも、みなを一律に同じように清拭するんじゃなくて、その方の【できること】に合わせて少しずつやり方を変えることも大事なんじゃないかなぁと思うのです。

だから、私達看護学生は患者さんの数倍の汗を垂らしながら、腰を痛めつけつつも頑張らなきゃいけないわけです



話は変わりまして。

今日一緒に練習したお友達。カナリのくすぐったがりで。
脇や首の近くを拭こうとすると、必ず体を強張らせ奇声を発するのです。
結局、今日は腕と胸の一部、腹部、背部しかやらせてもらえませんでした。

この援助、上半身だったら上半身を、下半身だったら下半身を裸にした状態に、バスタオルをかけて羞恥心への配慮・保温をしながら進めていくのですよ。
当然、患者さんの体をむやみに人目に触れさせないため、ベッド周りのカーテンを閉めて行います。


どういう図かというと。


聴診器を首から下げ、ベッドに横たわる患者(友達)の元を訪れる看護師(私)

「今日はお体キレイにしますね」なんて言いながらおもむろにカーテンを閉める。
(学校の保健室のベッド・病室のベッドを思い浮かべてもらえばわかるかな?)


ここからは外部には一切中の映像は見えません。
見えたとしてもシルエットくらいです。


なので音声だけでお楽しみください。


看護師(以下N):では濡らしていきますね。
           痛くないですか?

患者(以下P):あっ・・・大丈夫です。

:んっもう少し・・・いけるかな?

:あっだめ・・・もう無理!もう無理だってばぁっ

:無理なことないでしょ・・・でもだめならやめるよ。どうする?

:やめないで大丈夫っ! 私頑張るから・・・

:じゃあこれでどう?

:あっ それもだめぇっ 意地悪しないで・・・


~中略~


:じゃあ次はお腹見せてもらいますね。

:なんかお腹が痛いんですけど・・・

:お腹が痛い?どれどれ、触診してみましょうか・・・

:あっ そこはっ だめだってばぁ・・・



どんだけエロ学生だうちら∑(-△-;)



ただ友達がくすぐったがっちゃってなかなか体拭けなくて、どう拭いたらいいか考えながら腋窩を拭いたり、腹部の圧痛の有無を調べてたりしてただけなんですけどね。

カーテンの外に人がいたら、明らか危なかい人達だと思われたと思う・・・


クリスマスを目前に、女二人でお医者さんごっこしちゃったうちらに明日はあるのでしょうか



。。。まぁ、明日は確実に来るよね。

何てったって手術室見学実習だもんね。

明日に向けて腹腔鏡下腸切除術についての自己学習を進めなければならないのに、こんなこと書いて楽しんでる私何者だよ


コンテントヘッダー

悪あがきはやめにしました。

今日のお勉強。
ストレスコーピング理論。

皆さんは「危機」という考え方を知っていますか?

危機とは、
人が大切な人生の目標に向かう際に障害が発生したとして、
その障害に習慣的な問題解決方法を用いても打ち勝つことができず、情緒的・行動的混乱(パニック)が発生すること。



・・・こう言われてわかります?
悪いけど、わたくしこの説明聞いてまたギブアップするところでした。
この先生いい人なのはすごい伝わってくるんだけど、いまいち授業の相性が悪いです

ただこの日は違いました。
なんと先生、今日は恋愛を例に出して話を展開してくれたのです!

-ここから先は先生のありがたいおはなし-

人には成長段階に合わせた発達課題というものがあり、その課題を達成することで私たちは穏やかな日々を過ごすことができ、また次の成長への準備ができるのだとされています。

青年前期の発達課題は、

自己身体の受容とそれの効果的使用
自我の発見と自己指導の強化および親からの自立の達成
社会人としての知識・理解・技能・態度の学習
職業の選択と準備
同年齢の両性仲間との成熟した関係
適切な社会的性役割の学習
結婚と家庭生活への準備
余暇の利用と価値観や倫理体系の学習 です。



・・・あれ?別に恋愛について話してなくね??

いやいや、よーく見てください。
下から2番目。

「結婚と家庭生活への準備(配偶者の選択)」。

私を含め、前の席の5人ほど、先生の話まったく聞いてなくともこの言葉だけはしっかりと耳に入ってきましたから

(やっぱり授業にはついていけんくて、この話が終わった後はしっかり熟眠しましたけどね)



でも、ちょっと待ってください。
一番最初の危機の話を思い出してね。

「目の前の障害(発達課題)に、習慣的な問題解決方法を用いても打ち勝つことができない場合、人は情緒的・行動的混乱(パニック)に陥る」


・・・うちらパニック状態に陥ってるとですか??


そんなこと言ったら私の仲間内毎日パニック陥ってます、先生。


でも、話が進むにしたがってちょっと希望が見えてきました。


過剰なストレス(危機)が加わると、人体はそれに対抗しようと対処行動をとる(コーピングする)らしいのです。
このコーピングの仕方にも色々あって。

手段的であったり。

情緒的であったり。

時には行動に移さずとも、その人がストレスから逃れるため、考えたり、模索したり、決定したり、選択したりすることもコーピングになりうる、のだそうです。


一年で一番異性に対する欲求が高まる時期に一人で過ごす私たち

その事実自体が痛いのに、更に周りから「パニック起こしてるよあいつら」みたいなレッテルをはられたのでは悲しい過ぎるので、この〝危機に対する対処行動(ストレスコーピング)〟に自分たちを当てはめてみました。

♯1:【発達課題の未充足】
   クリスマスというホットな時期にパートナーをみつけることができない

その危機に対処するための方法
【手段的コーピング】積極的:手当たり次第声かけてみる
                 我らがJ也くんから男心についてレクチャーを受ける
                 小悪魔術を学んでみる

             消極的:「いつか白馬に乗った王子様が・・・」妄想してみる
                 「別にいなくてもいいし」と意地をはる

【情緒的コーピング】積極的:同じように切ない人と朝まで語る
                 思いっきり踊ったり走り回ったりして我を忘れる
        
             消極的:酒を飲む
                 美食する


結論:

うちらはちゃんとストレスに対してコーピングできてるから
パニックにはなってない♪


だって妄想するだけで行動しないのも立派なコーピングだもんね


つまりはですよ。
この時期になってまだ最後の奇跡を信じ、「自分が一人でクリスマスを迎えるハズがない」なんて頑張ってる人は、はたから見たら軽くパニック状態なわけですよ。

「あー、あいつ頑張ってるなぁ・・・痛いよ」みたいなね。

みんな諦めてこっちの世界にやってきたら案外楽しいんぢゃないでしょうか
コンテントヘッダー

メッセージはこちらへどうぞ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

悠貴

Author:悠貴
神奈川で看護学んでます。

↓詳しいプロフィールはこちらへ!


そう、流行りモノ、新しいモノ大好き娘でございます。。。

アクセスThanksです☆

無料ホームページ ブログ(blog)

ランキング
↓ワンクリックPlease☆

学生ブログランキング 人気ブログランキング FC2ブログランキング

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
コメントどうもですっ!
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロガーさんなお友達☆
そざい屋さん

YAMA☆そざい屋本舗
↑主にBBSで使わせてもらってます☆

M Por Probar
↑カウンター使わせていただきました☆

2005.7.16~2005.11.25
↓旧ブログ。
たまにお勉強ノートつけてます。

旧ブログ

ブログ内検索
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。