コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

感覚のない脚だけが、俺のリアルだった。

どうも。昨日GREEな大学っ子に貸してもらったを電車の中で読んでて、すっかり夢中になってしまい一駅乗り過ごした悠貴です



この前記事に書いた「ロイヤルアイランドアイスティー」、本当は「ロングアイランドアイスティー」って言うそうです。

同じくGREEっ子な酒好きのお姉さんに教えてもらいました。

彼女が言うには、「お酒は男に教えてもらうのよ」だそうです。

誰か私にお酒を教えてください




カウンターの画像、どうやって持ってきたらいいのかわからんくて頭抱えてたら、いつも隣の席に座ってるこれまたGREEっ子のはちけちゃんが助けてくれました。

他のブログのソース見ながら「あー、こうやってはってるのね。」とかすごい理解しててびっくりでした。

今度からパソコンでわからないことは彼女に聞こうと思いました。



最近悠貴は周りの人にすごい助けてもらってる気がします。
ありがとうねみんな
でも自分もう少し自立しなきゃだなぁと思います。

がんばります。



そう、人の好意にすごい触れてるって話で。
友達に借りたの話。




本っていっても「リアル」(漫画)なんですけど。



うん、言ってたとおり、淡々と話が展開していくんだね。

多分私は周りの人とちょっと「リアル」の見方が違うんだと思うんさ。
医療従事者の対応とか、戸川くんの陸上生活とかに目がいっちゃう。

車イスバスケについてほとんど知識がないせいもあるんだろうけど



●陸上競技のはなし。
陸上の大会とか行くと、〝鬼気迫ったオーラ〟出してる子って本当にいるんだよ。
そういう子見てるとこっちも惹きこまれるし、本気さぶいぼたつ。

自分とこの選手で高跳びでIHいった先輩がいて。
最終跳躍(トップ3が決まる)のとき、会場全体がシーンとなってうちの子を見てくれてるのがわかって。

私はその緊張感が好きだった。

だから戸川君がIHの会場で脚動かせんくなったシーンとかすごい重くて。


陸上のトラック種目って、コンディション(天候とかも含めて)にすごい左右されやすい。

実際に最後の総体で肉離れして4×400MH出れなくなった先輩とか、110MHの県決勝で雨降ってスリップしちゃった先輩とかいて。
そういうの思い出しちゃった。

肉離れとかなら「次」を目指すことができる。

でも、「骨肉腫」は違う。

(骨肉腫については〝続き〟を見てください)



●医療従事者の対応のはなし。
高橋くんの入院で、看護師や医師、理学療法士(歩けないって告知する時医師の横にいる彼は理学療法士かな?)の関わりを見てて、自分ならどう関わっていくんだろうってすごい考えさせられた。

特に排泄介助告知のシーン。

あんなあっさりでいいの?って。

「リアル」は医療のあり方を問うマンガではないから、そんな細かい描写まではしてないのかもしれないけど、私が患者だったら「ズボン下ろしますね」の一言もなく排泄介助されるのは絶対いやだ。

障害を負った人が自分の障害をどの程度受け止めることができるか。
「時期には個人差がある」って先生言ってたけど、その葛藤してる時期に医療者から発せられる言葉や援助って、すごいその方の障害受容に影響するんじゃないかって。

難しいけど、そのことしっかり認識しておかなきゃいけないなぁって思った。



●障害者理解のはなし。
1巻の途中までは友達に借りて前にも一回読んだことあったんだけど、改めて読み返してみた野宮と戸川君の出会いのシーン。

「これだっ」って思った。

最初野宮が車イス持ってきて「対等でねぇとよ」って言ったときの戸川君の目。
自分に障害があるってことを明らかにされた感じがして許せなかったんだと思う。

「こいつも俺のこと障害者としてしか見てねぇのか」みたいな。



でも野宮は違った。



障害持った方に対して「俺にハンデくれ」っていう奴、いる

これってハンディをハンディと思わず、戸川君をただのムカつく男だと思ってるからこそ出てくる発想だよね。

うちらは「ボランティア概論」とかで、〝障害者と接することは、手助けすることじゃなくて、手伝うことなんだ〟ってよく言われる。

私自身そうありたいって思うし。

でもじゃあ実際にどう接したらいいの?って聞かれたら、よくわからない。
いまだに障害を持った方と接してて、意思の疎通が出来んくなるとどうしていいかわからないし。

でもこれ読んでて、「障害者と同じ目線にたつ」って、本当はもっと簡単なことなんじゃないかなって思った。

頭で考えてる分、構えすぎてたところがあるんだと思う。


たった2冊で読者にここまで考えさせる。
表情とか、セリフまわしひとつで、ここまで感情を描写できる井上雄彦はやっぱすごいって思った。


こういう教材「基礎看護技術」とか「ボランティア概論」とかで使ってくれたらきっともっと興味もてたのに
もし小・中でボランティアに関する総合演習の時間とかもらえたら、ぜひこれ使いたいなぁって思ったよ

続きを読む

スポンサーサイト
コンテントヘッダー

メッセージはこちらへどうぞ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

悠貴

Author:悠貴
神奈川で看護学んでます。

↓詳しいプロフィールはこちらへ!


そう、流行りモノ、新しいモノ大好き娘でございます。。。

アクセスThanksです☆

無料ホームページ ブログ(blog)

ランキング
↓ワンクリックPlease☆

学生ブログランキング 人気ブログランキング FC2ブログランキング

カレンダー
10 | 2005/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
コメントどうもですっ!
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロガーさんなお友達☆
そざい屋さん

YAMA☆そざい屋本舗
↑主にBBSで使わせてもらってます☆

M Por Probar
↑カウンター使わせていただきました☆

2005.7.16~2005.11.25
↓旧ブログ。
たまにお勉強ノートつけてます。

旧ブログ

ブログ内検索
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。