コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

クリスマスの夜は・・・

さっきの記事の続きです。

ボランティア終わり。
本来ならそのまま家に帰るハズだったのですが・・・

クリスマスディナーのお誘いがきましたっ

場所は上大岡。
「せっかくなら横浜まで出ればいいのにー」思いましたが、人が多くて酔いそうやし、「うちらは無難に上大岡レベルよね。横浜なんて恐れおおい」って話になり、上大岡に決定


普段京急ユーザーではないので、初めて訪れた上大岡。
「うちらは無難に上大岡レベルよね」なんて侮辱してごめんなさい。

上大岡ウィング、構造が都会的過ぎて自分の現在位置が把握できませんからーっ
なんでこんなに何本もエスカレーターが走ってるんだ・・・
しかも京急百貨店とウィングが同じ建物の中にあるなんてわかりにくいこと極まりないぢゃないかっ


そういえば総合演習で教材に使う絵本まだ探してないわー思って本屋さん探して、なんとか勘で探し出して。

でも目的の絵本は置いてありませんでした・・・残念



この時点で、待ち合わせの時間まで1時間くらいあって。
洋服見てようかなー、CDみてこようかなー、雑誌で来年の運勢見てこようかなー、なんて思っていたのですが。


結局絵本コーナーで1時間読み漁りっぱなしでした



だっておもしろいんだよ絵本コーナー

“三匹のやぎのガラガラドン”とか。
“ぐりとぐら”とか。
“100万回生きたねこ”とか。
懐かしい本がいっぱいあったり。

でも今日一番びっくりしたのは、教育に使えそうな本がいっぱいあったこと。
うちらの時代で言えば、国語の教科書に載ってた“さっちゃんのまほうのて”なんかが有名かと思いますが。
SIDS(乳幼児突然死症候群)でお子さんを亡くした家族に向けて書かれた絵本とか。
パパとママと離れて暮らすことになった(離婚)子に向けて書かれた本とか。
見ててすごい考えさせられたー。

今学校でプリパレーション(続き参照)について学んでて、自分どこまで伝えられるんだろうって思ってたんだけど、こうやってうまく伝えられたら、子ども達はきっとメッセージ受け取ってくれるんだろうなぁって思って。

絵本コーナー一回行ってみるといいよ。
オススメです。

あ、でも「わたしのせいじゃない」って本は総合演習の教材として私使うからとらないでね(笑)



「アンパンマンのクリスマス」を読んでる最中、ついに携帯が鳴りました

「6:15には上大岡着くよ!本屋さんってどこ?笑」

そんなそんな!私が改札までお出迎えに行きますよ!!
待っててね~

新星堂の裏にあるわっかりにくいトイレでグロス塗りなおして髪整えて。
ドキドキしながら向かった改札口。




・・・甘かった

最初来た時点でこのビルの構造の複雑さには気付いてたハズなのに。

思いっきり迷ってしまいました@改札口。

向こうも改札にいるらしい。
でも私がうる改札には姿が見えなくて

本当、不安で。



そんな時「悠貴っ」呼んでもらえた。


超嬉しくって抱きつきたくなったけど、ここ、公衆の面前やし、何より・・・











この子女の子やからさ↓



普通に「ごめんねー」謝ってご飯食べに行こうなって。


行ってきましたオムレツレストラン【RAKERU】


ラケルとは、ギリシャ神話を飾る美しい女神の名前です。
美しいラケルは幸せを運ぶ女神様としても有名です。
英語読みではレイチェルと呼ばれています。
RAKERUホームページより引用

“幸せを呼ぶ女神様”?
ここ注目ぢゃない??

女神様、本気幸せが欲しいです・・・
クリスマスを女三人で祝う悲しいうちらに幸あれ・・・


このお店、内装がすごい凝っててかわいいの
イングランド湖水地方の農家をイメージしてるらしくて。
木を基調とした柔らかい雰囲気の店内に、店員さん手作りのクリスマスカードやら何やらが飾られていて。
本気癒される一目見てファンになってしまいましたぁっ

オムレツもパンも超おいしくて感動
このお値段でこんなおいしいもの食べれるなんて・・・
やっぱり居酒屋はぼったくりだなぁと思う今日この頃。
しばらく飲みは控えたいと思います

でもここでオススメしたいのはやっぱりデザート
オムライス、パン、サラダをそれぞれガッツリ頼んだうちらが頼んだデザートは・・・


パフェ3人前


一人一個w
これカナリでかいんですよ。
普通に3人で一個とかでもいいんじゃないの?的な感じで。

RAKERU’sパフェ


↑私のRAKERU’sパフェ
生クリームやら、アイスクリーム(バニラ・チョコ)やら、ベリー系っぽいゼリーやら、ヨーグルトっぽいシャーベットやら・・・

大満足(*^□^*)

更にクレープなんかも入ってて、一つのデザートでこんなに楽しめちゃっていいんですかお姉さんっ!みたいな。

「え~、こんなに大っきいの無理だよぉ」なんて言ってたくせに、見事3人ともガッツリ完食
むしろまだ余裕あったよね


帰り際にプリクラ撮りに行って前に入ってたカップル嘲笑ったり。
「絶対あの二人クリスマス一人が寂しいから直前になって無理やり付き合っちゃったパターンだよね。年末にはもう一緒じゃないよね。」なんて。

女三人でカップルで埋まるプリクラコーナーで騒いじゃってるうちらが一番イタイからー

やけに混んでたプリクラコーナー。
敢えて挑んだうちら偉い


でもでもね。
上大岡カップルは心なしかレベルが高い気がするよ。
地元で見るカップル、結構微妙なのが多い。
今日は素直に「うらやましいなー」思えるカップルが多くて。
やっぱり都会人は洗練されるのかしら。
自分まだまだ上大岡デビューは早かったかなぁと反省。

次はジーパンじゃなくてスカートで来るぞ。

そんな都会な上大岡はイルミネーションもやっぱり都会でした。


イルミネーション


・・・うちの近くのイルミネーションと大差ない?
いやいやいや。よーく見て。

青電球なイルミネーション


・・・真ん中にいる赤いおばちゃんに焦点合わせちゃった人は残念でした。

ほら、ね。
いつか言ってた青色電球のイルミネーション。
野口聡一氏をモチーフにした単色イルミネーションしか見たことのない私的にはカルチャーショックなわけですよ。

まさに文化の違い。いや、文明の違い。


ちょっとずつちょっとずつ都会に侵食していって、オサレパワーを吸収していきたいと思った悠貴なのでした。


クリスマス


Merry Christmas☆

続きを読む

スポンサーサイト
コンテントヘッダー

高鳴るパッション空回り。

皆様いかがお過ごしでしょうか。
昨日久しぶりにお家に帰ってきて、掃除の途中で荒らされ放題の自分の部屋を見て愕然とした悠貴です。
年内に終わるといいなぁ掃除。

さて、昨日は予定通りボランティアに行って参りました。
いつか紹介した“病院で兄弟児と遊ぶボランティア”。

何てったってこの日はクリスマス
「子ども達と何して遊ぼう」なんて考えて。

とりあえずクリスマスカラーを取り入れたいなんて思いながら着てく服考えたり。

「クリスマスのお歌一緒に歌えたら楽しいかなー」思ってチャリこぎながら“赤鼻のトナカイ”歌ってみたり。

病院着くなり絵本コーナーでディズニーのクリスマスキャロルの本見つけて
「今日はこれの読み聞かせしよう」なんて思ってみたり。

結構ルンルン気分
「男に注ぐハズだった愛情、全部君達に捧げるわっ」みたいな変なテンション。


子どもに対する熱いパッション(邪まなる思い)を抱いていることをグループメンバーに悟られないよう、必死で平静を装いながら挑んだこの日の活動。


お預かりしたお子様:0人


私のこの高まる胸の鼓動をどうおさえろっていうんですか!!

本当に切なくなりましたよ・・・



何かこの日は病院が新棟に移行するための移動日で、親御さんの面会を制限していたみたいで。
警備員さんに何度も「ごめんなさいねぇ、せっかく来て頂いたのにねぇ」声かけていただいて。
いえいえいえ!うちらはあなたにお声をかけていただけるだけで救われます!みたいな超素敵おじいちゃん。
みんなで「あんなおじいちゃん欲しいね~」なんて妄想モードにトリップ。

意外に不思議人が多いぞこのグループ



でもお見舞いに来てる子どももチラホラいた。
この日お預かりが0だった理由として、“みんなお父さん・お母さんが一緒に来てくれてる”っていうのもあって。

“病院で兄弟児が感じる孤独感”については以前にもお話したことがあるかと思いますが、小児病棟は基本的に感染のリスクを考えて子どもはお見舞いにいけないことになっています。
だから、お見舞いに来るとき大人が一人しかいないと、子どもは外で待っていなければいけないわけです。
(二人以上大人がいればどっちかがお見舞い、どっちかが兄弟児と遊ぶってできますよね)
兄弟児がさみしい思いをしなくて済むように私達病院ボランティアは存在するわけですが。

この日はお父さん・お母さんと3人で。時にはおじいちゃん・おばあちゃんまで一緒に来ているご家族が本当に多くて。
やっぱりクリスマスだから?みんなでお祝いするんでしょうか。
めちゃめちゃ微笑ましくて素敵なご家庭ばかりでした


中でも一際目立ってたのが、滑り台のところでブロック使って遊んでた女の子とお父さん。
もう二人の世界が形成されてて、「お預かりしましょうか?」声かけられる雰囲気ぢゃなかった

学生ボランティア6人。
黄色いエプロンつけて、いかにも「さぁっ!お兄さん達と一緒に遊ぼうねぇっ」風なのに、手持ち無沙汰で彼らの楽しそうに遊ぶ光景を眺めて。

あー切ない

でもこのお父さん。
本当子どもと関わるのがうまくて。
声かけとか、色々、意識してやってるわけじゃないんだろうけどちゃんと子どものやる気引き出すような形がとられてて。
みんなで「今の声かけは良かったね」なんて批評しながら小一時間彼らの関わりを見てた。
絶対気味悪かったと思う


思ったことは、やっぱり子ども病院ていいなーってこと。
普通の病院だと、子どもってそんなに特別視されないで、大人と同じように扱われちゃうから(診療中はもちろん小児として接するけど)、外来とかの待ち時間は何も遊び道具なくて退屈だろうなーって思って。
でもここは待合スペースに絵本があったり、ぬいぐるみがあったり、アニメのビデオがあったり。
それだけじゃなくて、看護師さんや病棟保育士さん、ボランティアさんが作ってくれたクリスマスの飾りなんかもあって。

子どもにとって、病院が「怖いだけの場所」になっちゃうのは悲しいから、「病院にいくと痛いことされちゃうけど、元気になるために頑張って行く」とか「お友達といっぱい遊べるから好き」とか、肯定的なイメージを持って欲しいなぁって思いがあって。

この子ども病院には大きくなって病気が治って元気になった子達がボランティアとしてきてたり、イベントにOB・OGとして参加してたりする。
それって、自分の病院での生活が苦しいだけのものではなかった証拠だよね。

だから、今日の活動も楽しみにしていたのだけれど・・・
部長さんがいってくれた「俺達がここにいることに意味がある。本来なら今日のようにお父さんお母さんと一緒に遊べて、俺らのところに来ないことが理想なんだからさ」って言葉。

うん、ありがとう部長さん。

今回は今回で、グループメンバー同士色々なお話ができて楽しかったです

クリスマス

コンテントヘッダー

メッセージはこちらへどうぞ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

悠貴

Author:悠貴
神奈川で看護学んでます。

↓詳しいプロフィールはこちらへ!


そう、流行りモノ、新しいモノ大好き娘でございます。。。

アクセスThanksです☆

無料ホームページ ブログ(blog)

ランキング
↓ワンクリックPlease☆

学生ブログランキング 人気ブログランキング FC2ブログランキング

カレンダー
11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
コメントどうもですっ!
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロガーさんなお友達☆
そざい屋さん

YAMA☆そざい屋本舗
↑主にBBSで使わせてもらってます☆

M Por Probar
↑カウンター使わせていただきました☆

2005.7.16~2005.11.25
↓旧ブログ。
たまにお勉強ノートつけてます。

旧ブログ

ブログ内検索
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。