コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

ウィルスパニック2006。

今日は大学が一日お休み
せっかく時間がたっぷりあるんだから、たまってる課題、ちょっとでも片付けちゃおう!思って。


・・・思ったんけど。


見ちゃいました、『ウィルスパニック2006』(2006/06/27 日本テレビ)


ここからレビューです!

続きを読む

スポンサーサイト
コンテントヘッダー

ひさびさボランティア。

今日はいつものきょうだい児ボランティアに参加してまいりました

実に、半年ぶりのこのボランティア。
しばらく行かないうちに、プレイスペースは新館に移っていました。

新館、超キレイ!
なんかテレビに出てくるこども病院って感じ!
うちの大学がボラやってるこの病院は、結構歴史あるこども病院なのです。

新館に行くには、旧館を通って行くことになるんだけど。
今まで外来として機能していた部分がまるまる閉鎖されてて。
今までプレイルームだったところもすごい閑散としてて。

なーんか、切なくなっちゃった。

肢体不自由の施設の子とご挨拶したり、色んな子といっぱい遊んだ場所やのに


でも、めっちゃキレイでかわいい新館に着いたらそんなんもう気にならんくなりましたw
自分単純で良かったです。


今日は風邪ひいちゃったメンバーがいたりで、いつもより少ない布陣で臨んだのですが、ビックリするくらい!子どもがやってきたのです。
最終的に、10人のお友達と遊んだみたいです。

え?たいしたことないって??


・・・前回人数、0人ですからね。12/26記事参照)


それに比べたらたいしたもんですよ。

休みの日の病院って、電気がついていないのよ。
だからうちらは薄暗ーいなかで一緒に遊ぶんだけど。
この薄暗さ、本当にやる気を奪うんですよ・・・

でも今日はなんだかすっごい楽しかった!
ひっさしぶりに赤ちゃん抱っこしちゃったしね
子どもと遊ぶことってよくあっても、赤ちゃん抱くことってあんまないからさ。

しかも今日の子はオメメぱっちりの超イケメン
ひざの上にオムツの感触を感じながら、めいっぱい赤ちゃんの匂いを楽しんでました・・・(危ないね

お姉さん達を独り占めしたくて、他のお友達とうまく遊べないお友達がいたり、不安定な子ども用椅子の上に立ち上がるのが好きな子がいたりして結構目が離せんかったんけど、お姉ちゃんが弟くんのことずっと心配して一緒にいてあげるのとか超癒される光景だった!
これがあるからボラはやめられません

次はいつになるんだろー?
今年の夏も肢体不自由児の施設遊び行ったり、障害児のサマーボランティア行ったりとかいっぱいしたいなぁ
予定がいっぱいになっちゃいそうやけど、実習入る前の最後の楽しみだもんね!

早いトコ予約入れちゃおうっと!
コンテントヘッダー

作品作りって大変なんやね。

今日は4限が病態治療論でした。

嘘つきました。
今日は4限が病態治療論だったらしいです。

ごめんなさい。
ワタクシ今日もおさぼりです

でもね、横須賀の駅まではちゃんと行ったんだよ!
(だってF駅でトイに会ったもんね


実は・・・ここに行って参りました



20060621195043.jpg




よこすか芸術劇場だっち☆

なんでこんなとこにいたかっていうと・・・

NHKで敬老の日にやる(らしい)2時間ドラマ「介護エトワール」のエキストラをやってきたんだなー。

横須賀って結構ドラマとかのロケ誘致しててさ。
市の広報とかで普通にエキストラ募集してたりもするんだけど。

今回の情報源は、我らがmixi内のコミュニティ。
(今の画像は七色のルービックキューブ様の画像です!)

そう、この「介護エトワール」、おにいやんが出演するらしいんですよ


ひっさしぶりのドラマやし。
我がホーム、横須賀での撮影やし。

そりゃ参加しないわけにはいかないっしょ!

コミュでは「本人は来ないらしい」みたいな話ずっと出てたけど、ここは一分の望みにかけたい!と思い、朝から大学さぼって行っちゃいました芸術劇場


平日の午前中。
大学さぼった罪悪感にまみれながら向かった劇場の入り口。
そこには「・・・明らか何かしらのお仕事お持ちですよね?」的なお姉さまがいっぱいでした。
うん、お姉さん。。。ってか、ねぇ?っていう年齢の方々もいらしたけどw

仲良くなったお姉さんの話によると、今日来てる人はライブの常連さんが多いんやって。
やっぱ本気で追っかけしてる子らは違うなーって今日すごい思った!

ツアー全公演まわってるとか。
ファンクラブイベント、番組収録全部参加してるとか。
同じ飛行機とか新幹線に乗っちゃったりとか。

みんな名前は知らなくても顔は知ってる!って感じらしくて。
びっくり。びっくりなお話がいっぱい。いっぱいだったんよ。

男の子も結構来てて。
でもハガキ職人的な親しみやすい感じではなく。
格好も兄さんリスペクトしてます的なお兄ちゃんばかりでした。


20060621195022.jpg

↑こういうのつけるとなんか「お仕事ガール」な感じしてテンションあがるよね

お仕事自体はバレエの公演を鑑賞しに来た観客の役やったんけど、キャパ1900の会場を100人くらい?で埋めるために14、5回も席移動して。
合成して満員御礼にできるようにひたすら撮影しまくり。

現場監督さん(?)らしき人がなかなかおもしろい人で。
今回はバレエ自体も行われてなくて、観客のリアクションは全てこの監督さんの指示の元でだったんだけど。
鑑賞シーンの撮影中、本人はバレエ踊ってるつもりなんか知らんけど、こっちからはどう見ても阿波踊りw

拍手のし過ぎで上腕の筋肉がかなり悲鳴をあげてはいたんけど、おもしろくて、楽しい一日でした☆

結局最後まで出演者はどなたも現れんかったけど、同じ作品を作ることに参加できたってだけでかなり嬉しかったり

20060621195105.jpg


最後に記念品としてもらったNHKタオル・・・と。
1000000000000 -billion-のDVDw
実は今日が発売日やからね

ヤバイヤバイ。
最近フィーバーが再燃しかけてる悠貴です。
そろそろ現実世界に戻ってこんと!!

なにげ明日は実習やしね
コンテントヘッダー

2006/06/17,18 関東ワーク@聖路加看護大学②

今度はあっちぃあっちぃ夜の話!
学生交流会って、素敵な出逢いの場なのですよ

PA0_0002.jpg


日も暮れてきまして。
まずはワーク終わりにまた少人数のグループにわかれてご飯を食べに行くことに。
うちのグループはたいしさんはじめ、かめじゅんもっち、社福の姉さま(mixi友じゃないので名前は伏せます)、私っていう組み合わせ。

全人の姉御さんにオススメの沖縄ご飯屋さんを紹介してもらいました!
(ここのお店ルカじゃ結構有名らしいよ)

初めて食べるミミガーに目ぇ輝かしてるくろちゃんがいたり。

親御さんと一回ツアーで沖縄行っただけなのに妙~に食材に詳しいもっちがいたり。

リハのこと、PTのこと、あっちく語ってくれるたいしさんがいたり。

うちのグループは本当みんなノリ良くて素直なかわいい子達ばっかりで、めっちゃ楽しい食事会になりました!
本気Thanksです♪
ソーキそばとラフティー(andご飯)はでらうまやったね


そっから電車で移動して、浜松町の宿泊施設へ。
しょうさんが手配してくれたっていうこの宿泊施設は、東京駅の近くとは思えんくらい静かでどこか懐かしい感じがして、とっても癒されてしまったのです。

そっからはまぁ、夜のお楽しみプログラムですよ。でへへ。


続きを読む

コンテントヘッダー

2006/06/17,18 関東ワーク@聖路加看護大学①

昨日から今日にかけて、東京は築地、かの有名な聖路加看護大学構内で、「全人的医療を考える会~関東ワーク2006~」に参加してまいりました。

GREEコミュで知り合ったひさしさん(交流会の記事の記事参照)の紹介で知った今回のワークショップですが。

実はワタクシ、“ワークショップ”という形式のイベントに参加すること自体初めてだったのでございます

お友達も誰一人おらず。
単身乗り込んだ東京は築地の地。
当然ビビりな私は緊張しまくりでございます。

緊張し過ぎで喉渇いたなー。
そういえば「お昼ご飯は各自でご用意ください」言われてたんだっけ。
そんなこと思って集合時間までの間にコンビニでも寄ろう思ってふらふら、ふらふら歩いていたのですが。

・・・ここ、東京は築地・・・ですよね?
なんでコンビニ、一軒もないんですか??

(ヤバイ、ここうちの大学並みにローカル?)


コンビニ必死こいて探してるうちに、いつの間にか待ち合わせの5分前になってしまって。
歩き回って更に強まった激烈な口渇感を抱えつつも向かった集合場所。
そこには何組か全人っぽい人達が立っていらっしゃいました。


そのなかで、す~ごい話しかけやすいオーラを放ってる乙女が一人。
そう、mixi仲間のマリーちゃんです

早速話しかけて全人仲間であることをアピールし、滑り込んだ友達の輪!
その後すぐにスタッフのみなさんがお迎えに来てくれて、とってもとってもスマイリーなみんなの笑顔に超癒されてしまったのです・・・


聖路加のNsちゃんに先導され。
うちらは一路ルカキャンパスへ。

20060618230123.jpg

パッと見どっかの会社か?と間違われるうちの大学とは違い、ルカはなんだか色彩があったかくて、デザインもかわいくて、緑もなんかいい感じで、とっても「大学」って感じがしたのです。
(写真は隣接するルカ病院です。なんかあったかい感じするっしょ)

キャンパスの中入るとやっぱうちの大学とは違くて。
うちの大学って、ガラスばりだったりシンプルビューティーな感じだったり、新しいんだけどなんかあったかみにはかけるんだよね。
でもルカはなんかあったかみがあった。
玄関入った途端、なんかチャペルの中みたいな荘厳な雰囲気あって、「きゃ~」とか騒ぎながら入れる感じじゃなかった。
土曜日で大学内が静まり返ってたからってのもあるんだろうけど。


教室内ではスタッフさんが既にワークの準備やらなにやら始めてて、入るなり「こんにちは~!」すごい明るく迎えてくれて。
めっちゃ人見知り激しくてビビりまくりの私でもなんかす~っと馴染んでいけて。
すごい、素敵な空間でした!


続きはこのワークショップのレビュー書きます。
今回のレビューはかなり長いんで、ワークショップっていうものに興味がある人だけ見てください。
あっちぃことになってるよ♪

続きを読む

コンテントヘッダー

総摂取カロリーいくつくらいなんだろう。

昨日は実習前日だというのに、大学のお友達二人とはとバスツアーに行ってまいりました

平日早朝の小田急って久しぶりに乗ったなぁ。
誰かしら知り合いに会えるかなぁと思ったけど、地元の駅6:30発の電車にはさすがに誰も乗っていなかったようです

新宿の駅着いて、バスの集合場所である“八十二銀行”探したんだけど。
(新宿から高速バス乗ったことある人でこの場所を知らない人はおそらくいないでしょう♪)

・・・だけど。
あったハズの場所、空き店舗になってるし!
えぇっ、みんなの目印八十二銀行つぶれちゃったのっ
とはまぁ思ったけどここはそんな重要なポイントじゃないので軽くスルー。
(ちなみにさっきネットで調べたら道路の反対側に移転しただけだったみたいだよ)


PA0_0019.jpg

↑ちなみにココだっち


うちらが今回申し込んだバスツアーは、

ワインの試飲
 ↓
ぶっかけおろしと二段せいろ蒸しランチ
 ↓
さくらんぼ狩り(食べ放題)
 ↓
清里高原でソフトクリーム
 ↓
チーズケーキ工房でチーズケーキの試食

・・・っていう、まさに食いだおれの旅。
女子大生が選択するツアーではないです。

どんな人が来てるんだろー?思ったら意外と若い女子衆がいっぱいでした

平日の食いだおれバスツアー。
もしかしたら男の子にとっては出逢いの宝庫かもしれません。

続きを読む

コンテントヘッダー

瞬間的な意識消失にはご注意を。

今日もせっせとイベントバイト
なんと地元の駅を4:56に出発する電車に乗っちゃいました。

もちろん始発です。

ちなみに家出たの4:30。
前日たまってた課題3つ片付けて、寝たの2:00。
起きたの3:30。

睡眠時間1時間半。
そりゃあ朝からテンションも高くなるってもんですよ。

誰もいない横断歩道で無駄に信号待ってこんな写真まで撮ったりしちゃう。
(基本びびりやき信号あるトコで赤の時渡れない人なんです、自分)



なんだかこの時間の空気に触れると妙高の合宿(高校の陸部の合宿です)思い出すわぁ。
麦茶パック無理くり手で握りつぶして少ない経費でいかに麦茶らしくみせるかとかやってたねぇ。
何回か失敗してパックの中味出ちゃったりなんかもしてね。
香ばしい隠し味だよね。

あと給水ね。
自分の好きな先輩に「はい!」って手渡しできるよう走りこんでくる位置とか計算して立ってたよね。
私の場合全て同学年のYじ(首振りながら走る方ね)に取られてたけどね。

甘酸っぱいね。
青春の思い出だね。



・・・話がとんだ。
最近現実世界から妄想の世界へとトリップすることの多くなった危ない娘ですから。
多少の脱線はご勘弁を。


そうそう。
朝の空気のすがすがしさって話ね。
こんな朝早くから結構お外には人が溢れてるんやね。
夫婦で相合傘して近所散歩してるおじいちゃんおばあちゃんとか。
ランパンで駅前めっちゃ快走してるおじいちゃんとか。

お願いだからその元気私に分けてよ!


今日のバイトは九段下のタマネギバイトでした。
私にとっては人生初の九段下の駅。
・・・なんか、おもしろそうなトコいっぱいあるぢゃな~いっ!?
靖国神社とか、千鳥ヶ淵戦没者墓苑とか、まぁ~その他色々?
なんか、一度でいいから行ってみたい場所じゃん♪
今日は朝から晩までタマネギに缶詰やき遊びにはいけないけどさ。
誰か一緒に千鳥ヶ淵とか・・・行かない?笑


待ち合わせ場所になってる北の丸公園は、犬の散歩する東京ピープルでいっぱいでした。
かわいいキャバちゃん(キャバリア・キングチャールズ・スパニエルね)いっぱい引き連れてるおじさんとかいたのに、スーツだったから全然一緒遊べなくてすごい残念やった

あと雀やら鳩やらがめっちゃ近くまで寄ってきてちょっとびっくりした。
鳩は地元でも結構寄ってくるけどさ~。
雀って普通警戒心強くない?
こんなに近くで雀みたのは昔住んでたアパートの前でコテンってなってる雀見つけて、巣箱つくって介抱してあげて以来だな~とか思って。

雀ってさ、脚赤いんだね。
羽毛とか、鳩と違ってなんか柔らかそうでめっちゃかわいかったです

いや、別に鳩がかわいくないってわけぢゃないですよ。
鳩には鳩の良さが、雀には雀の良さがあるってことですよ。
ほら、「みんな違ってみんないい」って誰かが昔言ってたじゃん?違

でもね~。タマネギの上におる子達は、なんだかみんなとってもスリムちゃんだったわ!
うちの近所にいる鳩とか、超丸々してて喰ったらうまそうなのに、なんだかここの子達ってばダイエットのCMにでも出てきそうな引き締まった良~い身体してんの!

やっぱ東京人は洗練されてシャープになっていくもんなんでしょか。



そんなこと考えながら入ったバイト。



ごめんなさい。



私、もしかしたらクビになるかもこのバイト。

仕事中、普通に、寝ながら接客してました。

人ってさ、本当にものの数秒で眠りの態勢にはいることができるんだね。
お客さんと話してて、話し終えて、さぁ次の仕事だ・・・と思った瞬間カクッ。

完全に意識消失してました。

それも一回じゃなくて複数回。
お客さん目の前に来てて、「はい」ってお金目の前に出されて初めて意識取り戻す時とかもあって。
まぁそれでもすぐに意識状態も良くなって「はい、2000円でございます」くらいのこと言って金銭処理してお客さん笑顔で見送ることくらいはできるんけど。

これは人としてどーかと。

感染症に抵抗する身体が、休みを欲して睡眠欲求という形で自身にSOSをだしているというならまだしも。
私の眠い原因、自己制御力の不足によって課題が達成できず、前日になって詰め込んでしまったことによるただの睡眠不足だからね。

こんなんで明日徹夜バイト入ろうとしてるからね。
完璧どーかしてるよね。
幸いお客さんに対しては何もドジやってないし、奇跡的に集計も誤差なかったから、クレームがつくってことはないと思うけど。
一緒に仕事した人々が会社に通告しないでくれることを祈るばかりです・・・

明日はリポビタ的なものを持っていこうっと!
コンテントヘッダー

ノスタルジィ?

P6090015.jpg


さて、ここはどこでしょう?

ヒントはニコチン親父という人物を知っている人にしかわからない場所です♪

そう、正解は懐かしのわが母校、柳○小学校の正面玄関でぇす(*≧▽≦*)

本当はmixiの日記にアップして、地元LOVEネタ満載でいこうと思ったんけど、本ブログ最近ぜんぜん更新してなかったから久しぶりにこっち使ってみたんさ



なんでこんなところの写真が撮れたのかっていうと。
今日ワタクシ、来年度の小学校での養護教諭実習のご挨拶のため、愛する母校を訪問してきたのです

そう、どしゃぶりの雨の中。

チャリLOVEな私としては、今日の訪問ももちろんmyチャリで行きたかったんけど、「傘さして自転車乗っちゃダメ!」っていうお巡りさんのお言葉にびびってしまって、実は6月の1日から一度も傘さしてチャリ乗ってないのです

カッパ着てチャリ乗るのも癪だなぁと思ったので・・・


使っちゃいました Hey タクシー

タクシー使うのなんて一昨年の夏ぶり。

家族みんなで青森さ帰るのに、おかんは車で、弟は寝台列車で、私は新幹線でと仲悪いこと極まりない別経路での家族旅行にでかけることになって、最後まで家に残ってた私が鍵なくしてテンパっていってきます出来なくて、結局30分くらい探し回ってたら靴箱んなかから鍵見つかって、でも駅までチャリじゃ間に合わんくなって泣きそうになりながらHey タクシー!した以来です。

きゃーリッチマン


P6090016.jpg


これが外観です。
うちの学校は正門のところに柳の木が植わっているっていうちょっと変わった学校。
小学生時代、夜学校行くと隣りの給食室から青白い光り(今思えばあれは紫外線による消毒)がもれてこの柳の木がゆらゆら揺れてて・・・おどろおどろしいこと極まりなかったこの学校

なんだかちっとも変わってなくって、とっても懐かしさでいっぱいでした!
正面玄関入っていって校長室に通されて、歴代の校長先生の写真みて。
私が通ってた頃って、うちの学校校長先生の移動が結構あって。
知ってる先生の写真が4人ぶんもあったのに、その後入った校長先生の写真1人ぶんしかなかったw
どんだけ入れ替わり激しかったんだようちらの代!


今日の朝ネットでボウルビウィの「安全基地理論」検索して、「なんで養護教諭なりたいと思ったの?」っていう典型的な質問に「はい!私は家庭から離れ学校へとやってくる子ども達にとっての安全基地になりたいんです!!」立派な志望理由言おうと思ってたのに。

校長先生一言。
「養護の先生がお受けしますって言ってたよ。じゃあハンコ押しておくね。」


面接終了。
所要時間5分なり。

肝心の養護の先生はただいま子ども達の健康診断の真っ最中らしくお会いすること叶わず
こんなあっけなくて本当に良いんだろか・・・
(いや、むしろ子ども達の健診のお手伝いでもしましょうか・・・)

でも実際に小学校行ってみて、やっぱここで実習したい!って思った。
きっときっと来年ここに戻ってきたいです。



そうそうそう。
うちの小学校、うちらがいた頃と変わらんくらいまで人数増えてたよ。
一学年5クラスで全校生徒が987人。
養護教諭も複数配置になってた。
水曜日行った学校が一学年1クラスで全校生徒あわせても100人ちょっとしかいない学校だったから、違いにちょっと驚いた。
昔はこれだけの人数を一人の養護教諭が見てたんだよなぁ・・・と思うと保健室の先生って実はすごいぢゃん!とかさ。



んで、面接がそんだけ早く終わっちゃったもんだから、帰り(大学に戻ります)はゆっくり近くのバス停(団地前ね)まで歩いてみた。
なんかね、すっごい懐かしかったよ。

悠貴は今までに3回引越しをしています。
今住んでるとこも同じ市内ではあるんだけど、元の学区は駅とは全然方向が違うので、めったなことがない限り行きません。
だから、8年ぶりくらいに通る道とかもあるわけで。
学校帰りに必ず寄ってたワンちゃんのいるお宅とか、行きつけのお蕎麦屋さんとか見て懐かしくなってみたりさ。

こっからは地元ネタ。
みんな「あかえんぴつ」って覚えてる?
そがのやの近くにあった駄菓子屋さん。
柳小生にとっての駄菓子屋さんといえばおせんさんだから、柳小生のなかでも知ってるのは登校班で朝あそこの前の道通るうちらぐらいだろうっていう激レアなお店w
あそこがお茶屋さんに変わっててさ。

やっぱ時が経ったんだなーって。
不思議だよね、今まで一度もあかえんぴつの事なんて思い出したことなかったし、そこにあった事すら完全に記憶から消えてたのに、建物みた瞬間「あ、あかえんぴつだ!」なって。

思い出って消えないんだねぇ。


学校帰りにいつも犬の散歩させてもらってた焼き鳥屋さんのご主人。
(ポメちゃんが2匹いてめっちゃかわいいの

誕生日の度にご飯食べに行って、お姉ちゃん達と遊ばせてもらってたおすし屋さんのご主人。

おとんが昔やってた居酒屋の隣の、いつもポテトフライ出してくれるスナックのおばちゃん。


みんな、もういないんだけど。
お店自体はもうやってないんだけど。
門構えはまだ残ってて、ガラって空けたら「いらっしゃい」って言ってくれるんじゃないかって感じした。
最近じゃ疎遠になってる人のが多いけど、自分って本当にたくさんの人にかわいがってもらってたんだなぁって。
だからここに帰ってくると懐かしいし何かほっとするんだろね。
ずっとここに住んでたら、多分気付かなかったことだけど。


やっぱ、地元っていいなぁ。
コンテントヘッダー

SIDS国際会議②

■6/4
二日目はお仕事結構詰まってたからあんまり講演は聞けなかったんだけど、Dr.やスタッフの方、ご遺族ともちょっとちょっとお話できて、なんだかとっても考えさせられる一日でした。

今回の学会は、学術的なことをやるだけじゃなくて、SIDSでお子さんを亡くされたご家族を主体にしてやっていこうっていう趣旨があったみたいで。
SIDSだけじゃなくて、死産や流産でお子さんを亡くされたパパ・ママも参加していたのです。

ご自身もお子さんを亡くした経験を持つお母さんが講師としてセラピーを行っていたり。

たくさんのお空の天使ちゃん(亡くなったお子さん)の写真やメモリーが紹介されていたり。

私が今回このSIDS学会のボランティアやろうって決めた理由のひとつに「ご遺族のお話が聞けるかもしれない」ってのがあって。


大学に入るまでは「最初は内科とかで経験積んで、そこから小児に行きたいなー」なんて漠然と思ってた私ですが。
図書館で「誕生死」というタイトルの本を見つけて以来、産科への興味がむくむくと沸いてきたのです。
(GREEでレビュー書いてます。良かったら見てちょ)

その本には先天性の疾患等でお子さんを亡くされたパパ・ママの想いがたくさんつまっていて。
自分たちのもとにきてくれた天使ちゃんへのいっぱいの愛情と、医療者の対応に対する思いがそこには綴られていました。

どんな障害を持っていても。どんなに短い時間しか生きられなくても。
生まれてきたその子はかわいいかわいい天使ちゃんなのに。
医療者が意識しちゃってかその子を母親に面会させなかったり、亡くなっちゃった後も十分なお別れができないっていう病院も実際にある。
いろんな奇形をもって生まれてきた赤ちゃんを隠そうとする看護師もいる。かわいい赤ちゃんにそういう対応をされて、「あぁ、この子は隠されなくちゃいけない存在なんだ」ってショックをうけたお母さんもいた。


お空の天使ちゃんの写真は、どの子もとってもかわいかった。
パパ・ママに素直に「かわいい赤ちゃんだね」って言える医療者になりたいってのが最近の思いで、だから今回ママ達と直に話ができたのは本当に嬉しかったんだ。
ちょっとの時間だったけど、すごく有意義な時間でした。

学会には、きょうだい児も遊びに来てて。
お兄ちゃんお姉ちゃんがお空の天使ちゃんになったっていう男の子がいたんけど。
お兄ちゃんお姉ちゃんの存在をしっかりその子なりに捉えてた。
パパやママと天使ちゃんについてお話したり。
家族の絵の中にも必ず天使ちゃん達が描かれていたり。

きょうだい児ってすごいなぁって思った。
話自体は聞けなかったんけど、講演のなかできょうだい児の発達段階による死の受け止めの違いみたいなのやってて。
確かに大きい子は死っていうものを現実的に捉えちゃって、なかなかそうやって笑って天使ちゃんのこと話せるトコまで回復できないってのがあるのかもしれないなぁって。


きょうだい児もパパ・ママもきっと色んな想いを抱いてて。
でも、今の日本って死が忌み嫌われてる感があるからなかなか他の人に天使ちゃんについて語れる機会ってなくて。
そういう想いを表出できる場でありたいなぁと思う今日この頃なのです。



うってかわって今度は閉会式のお話。
先生曰く「外国の方は多分飛行機の時間もあるからすぐ帰っちゃうと思うのよ。人が少ないと寂しいからみんなで閉会式出席してね」とのことだったんだけど。

始まってみたら人。人。人。
最終的にホールからはみ出ちゃうくらいの人数が集まりました。
それぞれが手に楽器(ミュージックセラピーで使ったやつ)を持って。
リズムにあわせてみんなでドコドコ。シャカシャカ。
外人さんも日本人もみんなノリノリで。
なんだかとぉ~っても楽しかったの。

今まで外人さんとお話するとか超苦手だったけど、今回お話できた人達は本当笑顔が素敵で。
その顔見てると本当癒されて「もっと一緒喋りたい!」ってなったの。
本当不思議だった。

次はUKで開かれるらしいから絶対行けないけどwまた機会があったらこういった催しにも参加してみたいなぁと思った悠貴なのでした



P6040009.jpg


みなとみらいの夜景です
左端に写ってるワンちゃんに注目!
めっちゃかわいいでしょ


お仕事終わりはまたまた外ご飯
この日は前々から狙ってた横浜ヨドバシの地下の「はーべすと」って食べ放題のお店。

「また食べ放題かよっ」って感じかしら?

でもこのはーべすとさんは野菜たっぷりの優しい味付けなのですよ!

たっぷり食べたらカロリー的には普通に外食するのと変わらんくらいになっちゃいそうな気もするんだけど、おいしいもの好きなだけ食べれてしかもヘルシーなんてすばらしいお店よね♪
私のお気に入り決定!誰かまたいつか一緒食べに行きましょうねん
コンテントヘッダー

SIDS国際会議①

ご無沙汰更新悠貴です。
この週末は大学の先生の紹介で横浜は桜木町で行われた「SIDS(乳幼児突然死症候群)国際会議」の学会ボランティアをしてきましたよ。


■6/3
大学行くよりも早く家を出て。
がら空きの電車に揺られて桜木町の駅で降りて。
せっかく横浜・桜木町まで遊びにきたんだからって。
動く歩道の上一人で猛スピードで駆け抜けながらゆず聴いてテンション上げ上げなってみた。
(ちなみに二日目は前日のご飯に影響されてGREEN DAYにしました)

スーツ着てるのにね。
明らか危ない人だよね。


さすが国際会議と名がつくだけあります。
日本人の数より外国の方の数の方が圧倒的に多かったです。
テンパっちゃうー。でもウィンクとかしてくれるー。本気素敵ー


案内ってか、会場整理とかのお仕事だったので、普通に場所とか、開催内容とか聞かれて。

当然英語。

そーりー あい きゃんと すぴーく いんぐりっしゅ。

聞き取れるの、単語だけ。
でも何とか会話ってできるもんなんですね。
この日私が発した英語、「Sorry」「303」「Thank you」「OK」のみ。
それでもコミュニケーションがとれた気分になれる、ノンバーバルコミュニケーションって素敵ね


お仕事の時間そんなに詰まってるわけじゃなくて、仕事ない時間帯は普通に論文発表とか聞きにいけるのね。
みんなで意気込んで望んだ一番最初の講演。


ALL 英語。


同時通訳の機器があったからなんとか聞き取れたんだけどさ。
まんず同時通訳なんて聞いたことないから機器の使い方からみんなわからんくて。
「これ耳からぶら下げるん?」「えっチャンネルとかどうすればいいの!?」とか。
めっちゃテンパり。
発表者はめちゃめちゃうまいプレゼンテーションしてるのに、通訳の日本語はすごい単調で切れ目がなくて。
やっぱ英語聞き取れないって国際的な場では致命的よねーなんていまさら思ってみた。

あと、日本人の英語力ね。
すっごい流暢に喋ってるかっこいいDr.とかもいたんだけど。
一番最初に発表した日本人、思いっきりJapanese Englishって感じで。
たどたどし過ぎて聞いてるこっちが応援したくなるような。
その人の発表の切れ目に通訳の方が発した信じられないお言葉。


「英語訳わかんなくて意味不明なんだけどー」


えっ、
今この機械から流れてきた音声は、明らか通訳さんの本音ですよね?

お金をもらってお仕事をするっていうのは本当に大変なことなんだなぁと思いました。



この日は本当英語にヤラれました。
ボランティアの記念にって一人一人学会の抄録もらったんけど。
先生さらっと笑顔で「せっかくの記念だし、ぜひ英語版もらっといでね


何かおっしゃいましたか、先生。

いやいやいやいや。
ただでさえ専門用語が多過ぎて理解に困っているのに。
それが英語になんてなってたら絶対開きませんから。
まぁ日本語版は簡略化されてるらしいから、本当なら英語版がよかったんだろうけどね。
自分の能力と相談して、私は迷わず日本語版を選びました。


2つめのお部屋は。
同時通訳の機会が置いてなくて。
それでも講演はALL英語。
頑張って聞かなきゃ!思って。

思ったことは。
パワーポイントの資料が見やすければ何となくで言わんとする意味はわかる。
字ばっかりひたすら並んでるパワポは文字追うので精一杯になっちゃったけど、グラフとかにも解説つけてくれて要点が集約されてるパワポはかなり良かった。
あー、見やすい資料ってこういうこと言うのね!みたいな。

発表の仕方とか、質問の仕方とか。
なんだか色々と勉強になった一日だったのでした。
学会に来る人達ってのは、やっぱ自主的に知識を求めて来てるから、質問とかディスカッションとかすごい積極的で。
用意されてるマイクの前並んでる光景がすごい新鮮だった。
うちの大学とかだと「質問ある人ー」聞かれてもシーンとしちゃうだけだから、違いを感じてしまいましたー。



お仕事終わりはお友達4人となぜかハードロックカフェへ
初体験だった私はお店のオサレ加減に圧倒されちゃってろくに自分でメニューも選べませんでした・・・だって想像がつかないんだもん
みんなのセレクトで出てきた料理はボリューミーで油っこくてうまかったです♪

今日が誕生日だって人が入店するとお祝いしてくれるんだねー。
この日はなぜか怒涛の誕生日ラッシュで、3時間いて3回のバースデイをお祝いしちゃいました

向かいの席に座ってた子ども達。
最初6人くらい座ってて「さすがAmericanはbig familyねぇ~」なんて知ったかしてたら。
わらわら。わらわら。
後から後から子どもが増えてきて、最終的に15人くらい集まっちゃって。

さすがにこの大家族はおかしいだろっ!?思ってたら、なんとBirthday Partyだったみたいです 
外人の子ども、本気かわいい

表紙のかわいさにやられて会場に来てたベビーちゃんグッズの会社のスタッフさん(ピンクシャツの好青年!)に育児書兼製品紹介の分厚いカタログもらっちゃった私としては、外人の子どものかわいさはまさに禁断の果実。
その子達が帰っちゃうまでずっとうへへうへへと眺めていました。

キーモいね(-д-;)

続きは6/4の記事!

コンテントヘッダー

慢性期外来実習。

今日は慢性期の実習の2日目、「外来実習」でした
一人の患者さんにつかせていただいて、一緒に診察受けたり、検査室に行ったり、待ち時間にお話したりっていう実習。
患者さんと接するのは午前中だけだし、指導看護師ににらまれながら(私がそう感じてるだけ)実習目標を発表するようなこともないので、と~っても楽な実習なのです


ただ。
今日行った病院は、去年の夏一週間の基礎看護実習(旧ブログの記事参照)で行ったところで、担当看護師さんにコテンパンに打ちのめされた記憶が今でも体に染み付いちゃってて。
廊下で人とすれちがう度「○○さんっ!?」一人でビクついちゃったりなんかで。

絶対最初の数十分、白衣性高血圧ならぬ特定病院性高血圧に陥ってたと思う

ビビり過ぎて最初集合より20分も早く着いちゃったからね。
きっと毎日みんなより一時間早く来て記録と目標カリカリ書いてたことのトラウマだよとか思ってさ。

そんなこんなですごいテンパりながら向かった看護部・外来の看護師さんはすごい優しい笑顔で迎えてくれて。
「この病院にもこんな看護師さんいるんだぁっ!」一人で感動してたw



今日の患者さんはねー。またまたすごい良い人だったの。
60代の男性でご家族と一緒にいらしてたんだけど、話の端々でちらっと出るなまりがなんか懐かしくて。
「生まれも神奈川なんですか?」聞いたら「うんにゃ、青森だ」返ってきて。
「うちの母親も青森だからすごいなまり聞いて親近感わいちゃいましたぁ下北半島ってわかります?」言ったらなんとその人も同じところの生まれらしくて。
しばらく地元トークで盛り上がっちゃいましたw
ちゃんと実習に役立つ話しろって感じですよね

その患者さん、ミルクキャラメルが好きでね。
待合室で待ってる最中「あんたも食べろや」すすめられて。
普通に「いただきまーす」しようと思ったけどそういや実習中だ!思い返して断って。

なんだか、とってもフレンドリーな患者さんだったのです。

全部検査とか終わって会計済ましてお帰りになる時も、「一緒にお茶するってぇ訳にゃいかんのかい?」聞いてくださって。
もちろんお断りしたけど、本当は一緒に行ってご家族とも本人とももっともっとお話したかったなぁと思います

実習で受け持たせていただく患者さんって本当良い人ばかりで。
うちらの実習受け入れてくれるって時点できっと良い人なんだろうけどさ。
毎回毎回すごい患者さん好きになっちゃうんだよねー。
今日の患者さんは時間的にはすごい短い関わりだったんだけど、地元が一緒だったり、お家が大学の近くだったりですごい親近感わいちゃって。
診察待ってる時の姿とかなーんかめっちゃかわいくて。
大好きになってしまいました。

いつもは患者さんの病名とか聞いても、看護計画とかたてない限り病態まで深く調べたりしないんけど、これから患者さんがどんな生活送るんだろ?って気になっちゃって気になっちゃって、既に図書館で関係する本借りてきてお勉強モード入ってます

まぁそれより先にブログ書き始めてる時点でどうかとは思うんだけどね

やっぱ「習うより慣れろ」だよねー。
実際に患者さん見るとこの人なんでこんな腕してるんだろ?とかすごい肌黒くなっちゃってるけどどうしてなんだろ?とか疑問湧くし。
こうやって興味もって調べるからこそ頭に残るんであって、授業で聞いたこと全部頭から抜けててもしょうがないのかなー自分に言い聞かせてみたりw

私にやる気与えてくれた今日の患者さんには本当感謝です!
なんか久しぶりに看護学生らしいブログじゃない?笑



でも私この人の前の患者さん一人断って他のメンバーに任せちゃったのですよ。
終わってからすごい後悔したんだけど。

その人は結構若くて50代くらい、浅黒くて背もおっきくてスポーツ新聞読んでて。
先生が「うちの実習生が・・・」説明してる間も新聞持ったままだったから、お話しにいってもあんまコミュニケーションとってくれないかなぁって思って。
基本的に私は男性患者さんが苦手で、中でも大声で話しそうな強面の患者さんだとビビりまくってしまう人なので。
経験豊富なお兄ちゃんにその患者さんはお任せしてしまったのです
ありがとう兄ちゃん。

でもね。
やっぱり気になって、その患者さんと兄ちゃんの会話横でずっと見てたんだけど。
ちゃんと新聞しまって、すごい楽しそうにお話してくれてたんだよね。
その光景見て、めっちゃ申し訳ないなぁー思って。

〝人は見かけで判断しちゃいけない〟ってよく言うけどさぁ。
やっぱ見た目、見ちゃうよね。
基本どの患者さんにあたってもしっかり対応!できるようになりたいんだけどさ。

もっと大学外の人ともいっぱい交流して、こういう苦手意識なくしていかなきゃだなーって思いました・・・
コンテントヘッダー

メッセージはこちらへどうぞ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

悠貴

Author:悠貴
神奈川で看護学んでます。

↓詳しいプロフィールはこちらへ!


そう、流行りモノ、新しいモノ大好き娘でございます。。。

アクセスThanksです☆

無料ホームページ ブログ(blog)

ランキング
↓ワンクリックPlease☆

学生ブログランキング 人気ブログランキング FC2ブログランキング

カレンダー
05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
コメントどうもですっ!
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロガーさんなお友達☆
そざい屋さん

YAMA☆そざい屋本舗
↑主にBBSで使わせてもらってます☆

M Por Probar
↑カウンター使わせていただきました☆

2005.7.16~2005.11.25
↓旧ブログ。
たまにお勉強ノートつけてます。

旧ブログ

ブログ内検索
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。