コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

マグロ。

うちのおかんの出身地は、本州最北端、青森県は下北郡のとある漁師町です。

青森県下北郡の漁師町〟と聞いて、真っ先に浮かぶのは、やはり【マグロの町】、大間町ではないでしょうか。

うちのおかんの出身地は、この大間から少し外れたところにあって、どちらかというとイカ釣り船の漁火が有名な町です。
すごく空気が澄んでいて星空もきれいなはずなのに、漁火の光が強過ぎて星が見えないほどです。
その町から大間までは車で30分ほどで、おばが住んでいたこともあって、小さい頃はよく大間に遊びにいってました。
一昨年の夏は大間まで片道20kmのサイクリングをしましたw


さて、今日はそんな大間町のお話です。


正月明けから、連日この大間町を特集したドキュメンタリーが流れていることを皆さんはご存知でしょうか。
大間のマグロの値段は、正月を迎えたこの一月、急上昇します。
その理由は、海がシケてマグロ漁が困難になること、荒波にもまれて脂ののった丸々と太ったマグロが獲れること、お正月のお祝い価格になることなど色々あります。
何年か前に、一本1000万円という破格の値段で取引されたマグロもありました。

そんな高級魚、マグロ。

このマグロを釣り上げることは、大間の漁師達にとって誇りであり、マグロ漁師一人ひとりの想い、その家族の想いなど、そこにはドラマがたくさん詰まっているのです。

そんな大間の漁師達のマグロにかける想いと、その帰りを待つ家族との絆を題材にした、ドラマ「マグロ」がテレビ朝日系列でこの二日間放映されていたのです。


ふるさと大好き。大間大好きな私が見ないわけがありません。
昨日は諸事情で21時に家に帰ることが出来なかったのでビデオにばっちり録画し、今日の分とあわせて5時間ぶっ続けで見たこのドラマの感想を、続きであっちく語りたいと思います



まずね。
やっぱ大間の町だったり、家並みだったり、海だったりが写るだけで懐かしさがこみあげて感動ですよ。
ドラマに写る町並みは、私の頭の中に残ってる大間の町並みそのものだったから。
函館さ移動するための海峡フェリー「ばあゆ」とか。
町に一軒しかないスーパー「マエダ」とか。
本気ローカル過ぎて地元の人間にしかわからないネタよね(笑)

大間の町はね。
太平洋から朝日が昇って、日本海に夕日が沈んでいく町なんだ。
天気がよければ海の向こうに函館山も見える。
むしろ函館の町並みが見える場所なんだわ。

私は物心付いてから冬に大間を訪れたことがないから、冬の澄んだ空気のなかの朝日だったり、函館だったりを見たことがない。
見たのはくもりの日、太平洋から昇ってきた朝焼けだけ。

冬の海に昇る朝日、冬の海に沈む夕日、冬の澄んだ空気越しの函館は、本当に本当にキレイなんだそう。
ドラマで少し写っていたけど、いつか本物を見に帰ってみたい。
そう改めて思ったりもしたんだわー。


大間はね、本当に交通の便がよろしくない場所なんだw
一応青森県ではあるけれど、鉄道も走っていない最北端の町なので、フェリーですーっといける北海道函館市のほうが断然近い。
だから滅多なことではみんな大間・函館以外の場所にはいかない。
そこだけが人生のステージになるんだわ。

今回の物語の夫婦もそう。
大間と函館しか知らない二人。
この町では海から一日が昇ってきて、海に一日が沈んでいく。

朝がくると朝日が昇る。
夕方になれば夕日が沈む。
人生それだけで充分。
生きてるって単純なものなんだよ。


これは、作中で松坂慶子演じる母・操が、長女である夏海にこれまでの人生、夫婦が抱く人生観を語った際の言葉。
この言葉の重みを、ドラマを見ていてすごく感じた。

私はね、このドラマでの松坂さんの演技をみて、「将来自分はおっかぁになるだ!」って思ったんだw

お母さんでも、ママでも、おかんでもなく、おっかぁにね。
このドラマで描かれていたのは、ある事件をきっかけに一度は崩壊してしまった家族が、再び強い絆を取り戻していく過程なんだけど、母・操の天真爛漫な笑顔、雰囲気、動きがこの変化のきっかけとしてはすっごく大きいんだろうなぁって思って。

私もこんな風に笑顔で家族を受け止めたり、送り出したり、愛したりできる人になりたいなぁって思ったんだ。


ご存知の方も多いかと思いますが、最近ワタクシサークル内で「ビッグママ」と呼ばれることが多くなりました。
新年早々三人から「お母さんみたいだね」と言われる始末w

「今年はビッグママのビッグを取って、ママになれるよう頑張るだ!」宣言した私ですが、最終的に目指すところはココ!
〝おっかぁ〟と称されるような包容力、安心感ですww


「でっかいマグロが獲れた時は大声出して大間の町を駆け巡る」という、子ども達からしたら〝馬鹿みたい〟な、だけど〝生きる喜び〟を実感させてくれる父・竜男(渡哲也)。
それに憧れて自分もでっかいマグロが釣れた時は町中を駆け巡るようになった夏海の幼馴染・吾郎(高橋克典)。
反発しながらも次第に父の偉大さに気付き、自分が親父になった時には同じように駆け巡り、子どもにも父の名から一文字とって名前をつけた長男・洋道(徳重聡)。

その姿を見ていて、「生きる喜びを体現」することもしていきたいなぁって思ったのさ。

私は養護教諭という職種にも興味をもつ人間なので。
「命の授業」として、命そのものの尊さであったり、生きていくということに関しての授業ってやつにちょっと興味があったりもするんだけど。
これまで〝いかに伝えるか〟に集中し過ぎて、〝自分がその喜びを体現して周りに影響を与える〟っていうことを全く考えつきもしなかった。

でもそれってすっごく大事なことだよなぁって、このドラマ見てて思ったんだ。


だから2007年の私の目標は。

「おっかぁ」と呼ばれる、でんと構えて包容力・安心感のある人になる。

「いっつも楽しそうだよね」「馬鹿みたいに明るいね」って言われる人になる。


このふたつ!
・・・素敵でしょw


いやー、このドラマは脚本とか演出がすごいリアルにできてたと思うのよ。
私はそれほど地元の習慣に詳しい人間ではないけど、違和感感じるようなシーン全然なかったし、ロケが多かったせいか、大間の町の波の荒さとか、風の強さ、それによって大きく揺れる船の上で漁をすることの大変さとかも伝わったんじゃないかなーと思うのです。
船の上の揺れは本当にすごいんだから!

神棚がすごく大切にされていたり、御神酒に関するシーンがたくさんあったり。
マグロ漁に出る漁師達は、マグロに海の中さ引きづりこまれて亡くなることもある。
そんな命懸けの仕事をしているから、海の神様に対する信仰心は本当にあついんだな。

そういやうちのじいさんも毎日一升瓶片手に酒飲んでたっけかな。
not晩酌ね。
漁から帰ってくると昼間っから酒飲んでるようなじいさんだったからw
向こうの人は一升瓶から直にお酌するんだー。
女の人は両手でやるけど男の人は片手でぐいっとやるもんだから、そりゃ筋肉もつくって話ですよ。


「海で死ねれば本望」
これは漁師達の間で本当に喋られている言葉。
うちのじいさんもそうだったから、竜男の親友である元次がマグロにひきづられて海に投げ出されて亡くなったシーンはじいさんと重ねてみてしまった。
本人達の想いと、それを支える家族の想い。
色んな想いがそこには関係してくるから、その考え方否定することは私にはできないし、だからといって肯定もできないなぁって思うんだー。
家族にとっては「もし倒れたのが海の上じゃなければ。自分の目の届くところだったら」って思いが後々までずっと残ると思うしね。


ちょっと暗い話になりましたが、最後に私がこのドラマでベタ惚れした高橋克典アーンド西田敏行の話を

この二人がいっちばん大間の喋りのイントネーション掴んでた
最初渡さんとかが〝わい〟とか〝喋るな〟とか、頑張って向こうの言葉使いながらも標準語のままのイントネーションでぎこちなく台詞を言っている中、颯爽と現れた(大物を釣り上げて大間の町を走り回っていた)高橋克典演じる吾郎の喋る大間弁聞いておらぁズッキュンやられでまっただ

漁の最中の「あーいあいあいあい!」(注;やんなっちまうなぁもう!の意)には本当感動しましたもん私。

西田敏行の自然な訛りも良かったのよー。
そして仕草も田舎の人感あふれてたのよー。
すっごいピンポイントだけど、仏壇からちゃぶ台に振り返って正座で竜っちゃん(竜男)からもらった御神酒のお礼するシーンなんか本気さぶいぼもんですよww

でも顔で軍配は吾郎さあがったな(笑)
大間さ行ってあんな漁師いたら即「わいがなーのおっかぁさなってけるっ!」ってプロポーズしてしまいそうやもん


・・・こんな感じで5時間フルに楽しんだドラマ「マグロ」。
また月末にはドキュメンタリーもやるっぽいし、まだまだ大間からは目が離せねぇっ!ってな感じです。
私の青森さ帰りたい熱も再燃しそうな予感です

次に大間さ帰った時は、いつの間にかなくなってたマグロストラップ(超リアル)の2代目をGetしてくんぞーぅ

そん時はまた電波の届かないおかんの実家から、チャリで隣町さ出て携帯で頑張ってローカルな発信するから楽しみにしててねん





スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

コンテントヘッダー

メッセージはこちらへどうぞ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

悠貴

Author:悠貴
神奈川で看護学んでます。

↓詳しいプロフィールはこちらへ!


そう、流行りモノ、新しいモノ大好き娘でございます。。。

アクセスThanksです☆

無料ホームページ ブログ(blog)

ランキング
↓ワンクリックPlease☆

学生ブログランキング 人気ブログランキング FC2ブログランキング

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
コメントどうもですっ!
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロガーさんなお友達☆
そざい屋さん

YAMA☆そざい屋本舗
↑主にBBSで使わせてもらってます☆

M Por Probar
↑カウンター使わせていただきました☆

2005.7.16~2005.11.25
↓旧ブログ。
たまにお勉強ノートつけてます。

旧ブログ

ブログ内検索
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。