コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

本当はカウンセリングのレポートやろうと思ってたんだ。

今日はバイト帰りにまっすぐ家に帰ってきて、急性期概論を終わらせるつもりでした。

その前に、頼まれていたテレビガイドを買わなきゃーと立ち寄ったTSUTAYA。
そこで、ある人と目があってしまいました。


その人の名は-斉藤英二郎

ブラックジャックによろしく13巻


見つけちゃったんだよ、ブラックジャック13巻

そりゃあ買っちゃいますよね。
この漫画今私が唯一集めてる漫画なので。

前にも言いましたが、悠貴は新刊を買うときは一巻から読み返さなきゃ気が済まない人です。

でも、今はテスト前-さすがにそんな時間はございません。


そこで私がとった方法は。


「精神科編だけ読み返す」


9巻から13巻まで、ぶっ続けで読みました。3時間かけて。



精神科編は単行本5冊に及ぶ長編です。
前回のがん医療編の4冊でさえ長いと感じたのに。

この人のすごいところは、どんなに長くやっても最終的に「うん、よく構成されてるなぁ」って読者を納得させるところだと思います。

正直、読んでるときはがん医療編も精神科編も長過ぎて飽きがきてました。

でも、最後まで読んでみるとどれも必要な描写だったんだなーって思うし、とっても考えさせられる。
途中イライラしちゃうから、ひとつの科が終わってからまとめて読んだほうがいいんじゃないかって気もするんですけどね。


この中で「統合失調症」の病状を説明する記述があったので、紹介したいなぁと思います。


統合失調症とは、自我の保てなくなる病気である。
言い換えれば、「自分」と「そうでないもの」の区別が曖昧になる病気である。

私達は自分の手が自分の一部であり、目の前のテレビが自分でないことを知っている。

例えるなら私達の「自分」と「そうでないもの」は、見えない膜のようなもので隔てられている。

しかし、この病にかかるとその見えない膜に穴が開いてしまうのだ。

膜に穴があき「自分」が外に漏れ出してしまうと周りにある全てのものに自分が感じられる。
そして全ての自分以外のものが暴力的に膜の中に侵入してくるようになるのだ。

テレビから聞こえてくる笑い声が自分を嘲笑っている気がする。

エアコンのかすかな作動音がヒソヒソと自分の噂話をしている声に聞こえる。

何かを考えようとしても考えはまとまらないうちに「自分」の外へ流れ出してしまう。

何かを話そうとしても考えが抜き取られてうまくしゃべる事ができない。

新聞を見てもそこに自分を見つけてしまう。
まだ形になっていない自分の考えがそこにある。

考えが盗まれている。

そのような思考を経た結果、統合失調症患者は巨大な組織に狙われている妄想にとらわれたり、周囲には理解しがたい行動をとってしまうようになる。


~以上、ブラックジャック13巻より引用~



ビューティフルマインドくらいに衝撃をうけました。

「自分」と「そうでないもの」を隔てる膜が壊れてるって表現、すごいと思う。
この表現自体は私家版・精神医学用語辞典の記事を参照にしているみたいやけど。


「精神障害者に対する偏見」ってのは未だに蔓延し続けてる。
私だって精神疾患を患ってますって人と二人きりで話をするのは怖いし。

適切な投薬がなされれば症状は軽減されるって授業でならったのに。
そんなんいつ爆発するか誰にもわからないじゃんっって思っちゃう。

でも「いつ爆発するかわからない」のは別に精神障害者だから、じゃないんだよね。

漫画の中に「精神障害者だって憎くて人を殺すこともあれば衝動的に人を殺すこともある」って言葉があった。
そうなんだよね。精神疾患をもってる犯罪者が殺人を犯す理由は様々で、何も「精神障害だから」人を殺したくなるわけじゃないんだ。

この表現でわかるかな?
なんかうまく言えないや


やっぱりうちらのなかに「精神障害者は何するかわからない」みたいな偏見があって、マスコミとかのメディアも同じ偏見のもとに記事を書いてるんだろうなぁと思うんさ。

「何するかわからない」は、精神障害者が普段どんな生活をしているか知らないからで。



「偏見に基づく差別はいけない」っての頭ではわかっているんだけど。

解決法なんて見つからないけど、医療者向けの雑誌とかじゃなくて、普通の雑誌でこういった内容がとりあげられてることがすごいと思う。

物語の最後がなんかまとめっぽくなってたから、「もしかしてブラックジャックこれで終わり!?」とかすごい焦ったんだけど、とりあえずまだ続きがあるらしい。

これからも色んな問題提起していってほしいなぁと思います
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ブラックジャックによろしく』

なんだか、今週は・・・じゃないや、先週はやけに疲れた・・・(+_+)何か特別に理由があったわけじゃないんだけどな (・・?ま、そんなわけで、今日はほとんど家に引きこもってました

「心のあり方」だったような気がします。

コメントをいただいたことで、自分のブログを初めから読み返す機会となりました。スイスの哲学者アンリ・フレデリク・アミエルの言葉の紹介では「心のあり方」を、16日のブログでは自分の思い、17日には自分の気持ちに正直に生きる。ことを、18日には自分の思いの「伝え方」
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

突然失礼します。私も先日『ブラックジャックによろしく』の13巻を買って読みました。私はしばらく精神病院に入院していたことのある「精神障害者」のひとりです。まあ、私のことはどうでもいいとして、看護学生であるのならばご存知かもしれませんが、DSM-Ⅳ-TRによれば、「認知症」いわゆるボケも精神疾患のひとつです。ということは、統合失調症を例に出すまでもなく、多くの人が精神障害者になる可能性があります。そして、その精神障害者がどのように扱われているかと言えば、漫画に書かれているとおりです。檻の中にいるのです。そして、そこで亡くなっていく方もいるのです。そして、あなたもそうなる可能性は十分にあります。私が看護師と接していて思ったのは、この人は患者の立場でものを考えたことがあるのだろうか、自分が病気になったときには同じような扱いを受けるのだということを考えたことがあるのだろうか、ということです。すみません、これ以上書くと説教臭くなるのでやめておきます。不快に思われたら削除してください。失礼しました。立派な看護師さんになってくださいね。

コメントありがとうございます。
不快に思うなんてとんでもないです。
普段自分は医療者側の意見しか聞けてないから、患者として接せられた経験のあるksさんの意見聞けるのはとっても貴重やと思います。

「患者の立場でものを考えたことがあるのだろうか」。
この言葉は看護学生だったらみんな一度は言われたことがあると思います。
もちろん私も。

頭では「患者の立場にたって」っていつも思ってるんです。
でも、やっぱり相手の立場にたつってすごく難しいことで。

普通に生活してても、「相手の立場にたって」関係を進めていくのって難しいと思うんです。
看護学生だって普通の学生だし、いきなりそれが出来るかっていったらやっぱり難しくて。

でも、「看護師」として、プロとして患者さんと接する際にはそんな言い訳は許されないと思います。

「相手の立場にたって」物事を考えるためには、相手を知ることが大事だし、相手がどんな体験をしてるのかも知らなきゃいけないんだろうなって思ってます。

「患者は患者、医療者は医療者」ってわけて考えてる看護師がいることも事実です。
私も現場に出たらそうなってしまうかもしれません。

でも、精神疾患が特別なわけではなくて、癌だろうと外傷だろうと、病気になるってことは関係なく誰でも可能性があることなんですよね。

ksさんのような想いを抱いている方がいること、忘れちゃいけないなぁって思いました。
貴重な意見ありがとうございました。

お久しぶりです!
コメントありがとうございました☆
(´▽`)に迷惑かけっぱなしの連休でした・・・orz
治療に専念することが今一番出来ることです(;つД`) 有頂天ホテル良かったですよ☆オススメいたしますv-218


話かわりますが,自分のおかんは看護士です.しかも精神科.毎日が格闘って言ってまして,よく怪我もしてきます.

 患者さんは普段はどこにでもいる普通の人が多い.ただ,精神が不安定なときだけ,ちょっと大変なだけ.私も入る前は不安だったけど,働き出したら差別はなくなったよ.
と言っていました.

看護士が怪我をする病院ってどんなんだ?危ないな.って思っていましたが,その話を聞いて,自分は体験してもいないのに変な差別を持つのはやめようと考えさせられました.

何を言いたいのかよくわからない文章になってしまいましたが,自分は就職していないのにそこまで考えている悠貴さんの文章を見て,この人はすばらしい看護士になれるぞって勝手に感じてしまいました.

自分の周りには,何にも考えていない技術者の卵がたくさんいるから,余計に感じてしまいした.
乱文スイマセン・・・(´・ω・`)

Hityuさんのお母さんは看護師さんだったんですか!?
なんかブログはじめて「知り合いが看護師です」って話よく聞くようになったな~私の周りには皆無なのにi-241

実は悠貴は今まで大きな病気もせずすくすく育った子なので、実際に看護師さんがどんな仕事してるのかってあんまよくわかってないのですi-201

だから実際に働いてる方のそういう話聞くと「おぉ~っ」って思っちゃいます。
〝よく怪我して帰ってくる〟ってすごいですねi-193


〝いい看護師さんになれる〟って今言われて一番うれしい褒め言葉です!
ありがとうございましたi-189
コンテントヘッダー

メッセージはこちらへどうぞ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

悠貴

Author:悠貴
神奈川で看護学んでます。

↓詳しいプロフィールはこちらへ!


そう、流行りモノ、新しいモノ大好き娘でございます。。。

アクセスThanksです☆

無料ホームページ ブログ(blog)

ランキング
↓ワンクリックPlease☆

学生ブログランキング 人気ブログランキング FC2ブログランキング

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
コメントどうもですっ!
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロガーさんなお友達☆
そざい屋さん

YAMA☆そざい屋本舗
↑主にBBSで使わせてもらってます☆

M Por Probar
↑カウンター使わせていただきました☆

2005.7.16~2005.11.25
↓旧ブログ。
たまにお勉強ノートつけてます。

旧ブログ

ブログ内検索
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。