コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

指先でつむぐ愛

金曜エンタテイメント『指先でつむぐ愛』さっき見終わりましたー。



全盲ろう者である福島さんを演じた中村梅雀さんの演技がすご過ぎてびっくりした。

一番すごいと思ったのは、中村さんの発声法です。

聴力障害者、と一言でいってもその人の状態は様々です。
特に最初から目も見えない・耳も聞こえない人が“声を発する”ということはとても難しいことで。

“この世に音が存在する”ということも感じ取ることができないのだから。

続きは下から入ってね♪




この作品の福島さんは元は健常者で、 9歳の時に病気で視力を、18歳の時に聴力を失ったいわゆる“中途障害者”。

つまり18歳のときまでは自分の発する声が耳に聞こえていたっていうこと。
彼は「記憶のなかの音」を頼りにして、今でも言葉を発することができるのです。

ただ、普段私達が普通に話をする時は、常に自分の発している声を聞きながら微調整を行っているわけですよ。
それが福島さんにはできないので多少発音が変わっています。

中村さんはその福島さんの発音にまで気を使って演技をなさっていて。

最初予告を見た時には若干誇張し過ぎなような気もしていましたが、ドラマの最後で福島さん本人の講演の模様が流れたとき一言一句が同じ発音で繰り返されていて本当鳥肌ものでした。

障害とか病気を「演技」することってとっても大変なんだと思います。
やり過ぎって非難されたり、当事者の気持ちがわかってないと非難されたり。
そういった見方があるなかで、この役を“難しい、手ごたえのある素晴らしい役”と言える中村さんは本当すごいなぁと思いました。

ちょっとファンになっちゃいそうです。




こんだけ言っておきながら、私はまだ原作本を読んでおりません
でもこのドラマを見て読んでみたい!ってすごい思いました。

結婚後、自分の大変さを誰にも言えずに疲れきっていた光成さんが「もう疲れたよ。私だって疲れるし動きたくない時だってあるんだよ」って言って家を飛び出した時、福島さんが電話越しに光成さんに言った言葉。


もしかしたら君は障害者の夫をもつ妻は、優しく明るく、強くあらねばならないと思ってきたのかな?

障害者のそばにいる人間は、辛いとか、しんどいとか、言ったりしてはいけないと思ってきたのかな?

君が何かできるから、何かしてくれるから一緒にいるんじゃない。
君の存在そのものが僕にとっては重要なんだ。

とにかく、一緒にいたい。



この台詞は電話越しに言われてるんだけど。
耳が聞こえない福島さんは相手が電話に出る音も、呼び出し音も聞こえないんだな。
“つながったかどうかわからない”電話で彼はこう言ったわけで。

それでも光成さんに対してこうやって思っていることを素直にぶつけてくれる。
このお二人の夫婦関係は本当に素敵だなーと思いました


もういつものように大号泣です
最後の福島さんが作った歌なんて超感動して鳥肌たっちゃいました。
大好きな人にこんなに綺麗な歌を作ってもらえる光成さんがうらやましくなっちゃいました
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

コンテントヘッダー

メッセージはこちらへどうぞ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

悠貴

Author:悠貴
神奈川で看護学んでます。

↓詳しいプロフィールはこちらへ!


そう、流行りモノ、新しいモノ大好き娘でございます。。。

アクセスThanksです☆

無料ホームページ ブログ(blog)

ランキング
↓ワンクリックPlease☆

学生ブログランキング 人気ブログランキング FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
コメントどうもですっ!
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロガーさんなお友達☆
そざい屋さん

YAMA☆そざい屋本舗
↑主にBBSで使わせてもらってます☆

M Por Probar
↑カウンター使わせていただきました☆

2005.7.16~2005.11.25
↓旧ブログ。
たまにお勉強ノートつけてます。

旧ブログ

ブログ内検索
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。